ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > Netflixで『新世紀エヴァンゲリオン』の配信スタート カヲルとシンジの会話の英訳が議論に

Netflixで『新世紀エヴァンゲリオン』の配信スタート カヲルとシンジの会話の英訳が議論に

2

2019年06月25日 20:51  ガジェット通信

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ガジェット通信

写真写真

6月21日から、『Netflix』が世界190か国における『新世紀エヴァンゲリオン』の配信を開始しました。配信開始直後から、カヲルとシンジの会話の英訳が「ちがーう!」と議論になっています。

https://twitter.com/jimmygnome9/status/1142051363024715776
「悪いけど、これはダメだ。(右が、Netflix版エヴァ)」というツイートが指摘しているように、カヲルがシンジに向かって「I love you」と言うくだりが、Netflix版では「I like you」になっています。カヲル=ゲイキャラという前提のファンからすれば、カヲルのシンジへの思いが「I love you」ではなく、「I like you」だと、前提が否定されたことになりますね。

https://twitter.com/Lunar_Opals/status/1142148403368886272
「エヴァをNetflixで見ちゃダメだ。シンジとカヲルの感情を抹殺するような決断を下したNetflixを支持しちゃダメだ」と怒りをストレートにつぶやく人もいます。

https://twitter.com/snake_sunflower/status/1142102579226259456
「Netflixはカヲルの“I love you”というセリフを変更して、カヲルとシンジをストレート(異性愛者のこと)にしちゃった。2019年のプライド月間に」と批判する人もいます。

他にも『Netflix』に向け、「Netflixってホモフォビア(同性愛者に対して否定的な立場の人)だったの」、「弱虫かよ」、「検閲はダメだよ」、「カヲルとシンジをいとこの関係にするなよ」といった批判の声が上っています。

曖昧さが特徴の日本語と、ストレートでダイレクトな物言いが特徴の英語の間の翻訳は色々と難しいことがあるものですが、それ以上にコアなファンの承認を得るほうが難しいようです。

※画像:『Twitter』より引用
https://twitter.com/shokikita/status/1142063513885708288

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

ガジェット通信

ガジェット通信
ガジェット通信 最新の注目記事
ガジェット通信 GetNewsで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 考えることは、万国共通ということですなw https://mixi.at/aa5PUG6
    • イイネ!11
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定