ホーム > mixiニュース > コラム > 『ホームレス中学生』主演俳優が逮捕…キャバ嬢に聞く「転落人生」あるある

『ホームレス中学生』主演俳優が逮捕…キャバ嬢に聞く「転落人生」あるある

5

2019年06月26日 09:22  日刊SPA!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊SPA!

写真写真
 警察官を装ってキャッシュカードを盗んだ疑いで、元俳優の黒木辰哉容疑者(24)が逮捕された。同容疑者はドラマ『ホームレス中学生』(2008〜09)で主演を務めるなど俳優として活動していたという。

 一向に減らない芸能界の逮捕や不祥事だが、一度脚光を浴びたり、大金を掴んだ人間が転落するのは夜の世界も同様だ。キャバクラ嬢に、夜の世界の栄光と転落を聞いてみた。

◆常連客の社長が横領で逮捕…

 まず話を聞いたのは、都内のラウンジでチーママとして働く茉莉さん(仮名・34歳)。茉莉さんが1人の客の転落を見たのは、今の店に入店する前のことだった。

「30歳までキャバクラで働いていたんですが、そのときにAさんというお客さんがいたんです。中古車会社の社長で、週に2日は店に来てくれて、シャンパンとかよく卸してくれる人でした。私は当時ナンバー2だったんですが、このAさんの力はかなり大きかったです。でも知り合って3年ほど経った頃、彼の様子が変わりはじめたんです。それまではクレジットカードで払っていた支払いが、急に現金になったりして。私は『今月カード使い過ぎたのかな?』くらいにしか思ってなかったのですが、そのうち店にも来なくなったんです」

 その後、Aさんに連絡しても返事がなく心配していたという茉莉さん。だがある日の営業後、店の前で突然Aさんに呼び止められたという。

「切羽つまったような声で『話がある』と言ってきました。その時、たまたま店のボーイと一緒にいたのでボーイから『何かあったら連絡して』と心配されながらも、近くの居酒屋にAさんと2人で入りました。店に入り、しばらくは何も言わなかったAさんがようやく口にしたのは『俺はもう捕まるから、最後に一言だけ伝えたかった』という言葉でした。

 聞くと、会社はすでに倒産していて、それもキャバクラ遊びが原因だったそうです。それでも彼は会社のお金を横領してキャバクラに行っていて、それが見つかってしまい近いうちに逮捕されると言っていました。そうなった原因は私ではなく、他のキャバクラ嬢にハマったからだそうなのですが、1番付き合いの長い私に最後に一言伝えたかったそうです」

 それから数日後、茉莉さんはAさんが逮捕をされたという話を聞いた。「夜の世界に慣れたと思っている人ほど、ハマったときのリスクは大きいかも」と茉莉さんはつぶやく。

◆元ナンバー1キャバ嬢の転落とは

 夜の世界で転落するのは客だけではない。アミさん(仮名・28歳)も一度、転落を味わった元キャバクラ嬢だ。

「東京郊外のキャバクラで働いていた頃はナンバー1でした。当時はみんなからチヤホヤされてかなり調子に乗っていましたね。歌舞伎町のホストに行っても、当たり前のようにチヤホヤされるので全然面白くなくて。そんなときにハマったのがボーイズバーでした。そこの店長はイケメンではないのですが、とにかく話が面白くって。最初は初回で行った翌日にうちの店に指名で来てくれたので、お返しみたいな感じで行っていたんです。

 でもそれが彼の手で、気付いたらどっぷりハマっていました。でもプライドが邪魔して、ましてや同業の人に『好き』とか言えなくて。彼自身は相当モテていたので、他の客から告白されるのもしょっちゅう。そんな中、『自分は他の客と違う。面倒臭いことは言わない!』と良い客を演じるうちに、気付いたら彼の1番の太客になっていました」

 気づいたころにはすでに遅し……アミさんの給料はすべてボーイズバーの飲み代に消えていったという。

「仕事後にボーイズバーに行き、昼まで飲む生活が続いてキャバクラの遅刻や欠勤も増えていきました。ナンバーから落ちても通っていたので気付いたら貯金も底をついていました。お金がないと言った瞬間、彼からの連絡はどんどん減っていって。それでしばらく病んでいたら出勤も減らされていき……今までナンバー1で調子に乗っていた分、周りに味方もいなくなって逃げるように店をやめたんです」

 その後、実家に帰ったアミさんは数カ月の療養後、地元のスナックに復帰した。当時の心境について彼女はこう語る。

「今回の報道を見て、水商売と同じく芸能界にいる人も皆、孤独なんだなと思いました。売れているときはチヤホヤされても、売れなくなったら一瞬で見切られる。でも、そこで踏ん張れる人じゃないと、潰れてしまうか間違った方向に進んでしまうんだとも思いましたね」

「孤独なときほど、人は判断が鈍るのかも」とアミさんは続ける。今回逮捕された黒木容疑者も、同じような境遇だったのだろうか。<取材・文/カワノアユミ>

【カワノアユミ】
東京都出身。20代を歌舞伎町で過ごす、元キャバ嬢ライター。裏モノ・夜ネタを主に執筆。アジアの日本人キャバクラに潜入就職した著書『底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる』(イーストプレス)が発売中。ツイッターアカウントは @ayumikawano

このニュースに関するつぶやき

  • 歪んだ過分欲が我が身を滅ぼす。そう言うことよ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 自制心って大事だよなぁ、としみじみ。
    • イイネ!12
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定