ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > “短くなると寿命がくる”テロメアとは?

“短くなると寿命がくる”テロメアとは?

1

2019年06月26日 11:02  web女性自身

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

web女性自身

写真写真

「人生100年時代といわれる昨今ですが、米国とドイツの人口学者の共同研究では『’07年生まれの日本人の半数は107歳まで生きるだろう』と推定されました。じつは人間の寿命のポテンシャルは思っているよりずっと長い。健康管理ができれば、125歳まで生きるのも理論上は可能です」



こう話すのは、寄生虫学の第一人者で新著『人生100年、長すぎるけどどうせなら健康に生きたい。病気にならない100の方法』(光文社新書)を5月に出版した、医学博士の藤田紘一郎先生(79)だ。



この年になっても、まだまだ元気で健康。講演活動や研究と、現役で仕事に励む藤田先生。長寿のカギは「寿命の回数券の仕組みを知ることにあります」と続ける。



「人の寿命は『テロメア』という『寿命の回数券』の使い方で決まります。人の染色体を守っている構造体・テロメアは、生まれたときには約1万塩基対あるんですが、1年で50塩基対ほど減っていってしまうのです。これが約5,000塩基対まで減ると人は死ぬ。これが寿命の正体なのです」



遺伝情報を記録している染色体の端にあるのがテロメアだ。細胞分裂すると短くなり、ある程度、短くなると、以後分裂が不可能に。計算してみると5,000に減るには100年かかることがわかるが……。



「病気などになると、テロメアが余計に減少してしまい、100年あるはずの寿命はどんどん短くなる。『寿命の回数券を減らさない』方法は、まずは病気を遠ざけること、そして抗酸化作用のあるものなど、テロメアを守る栄養素を取ること。いずれも、生活習慣、特に食生活の見直しが必要なんです」



仕事を通して、聖路加国際病院名誉院長だった故・日野原重明さん(享年105)と交流があった藤田先生。



「日野原先生は、若いとき結核で何度も入院していました。日野原先生のテロメアは病気で相当に失われたはずです。でも、健康に常に気を配っていた日野原先生は、残りのテロメアを上手に使うことで105歳まで元気で生きられた。みなさん方もテロメアを減らさない生活をしてほしいと思います」

動画・画像が表示されない場合はこちら


    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定