ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 手軽に、サラダチキンの作り方

“サラダチキン”を自宅で作ろう!リーズナブルな鶏むね肉でしっとり美味しく仕上げるコツ

79

2019年06月26日 11:31  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ
コンビニなどで何を食べようか悩んだとき、サラダチキンを手にとる方もいることでしょう。サラダチキンは、低糖質・高たんぱくで手軽に食べられるため、ダイエット目的としても人気が高いですね。購入すると高くつきますが、安価な材料で簡単に作れるものなので、家で手作りしてみませんか? 家でサラダチキンを手軽に美味しく作る方法と、アレンジレシピをご紹介します。

鶏むね肉をしっとり仕上げるコツは?



サラダチキンの作り方

パサパサとして美味しくないというイメージをもたれやすい鶏むね肉ですが、実は安価な鶏むね肉でも低温でじっくりと火を通すことで、しっとりと美味しく仕上げることができるんです。ポイントは低温調理の温度。ジップロックに鶏むね肉を入れて真空に近い状態にし、58度から65度の間を保っているお湯の中にジップロックごと入れ1時間放置するだけで、鶏むね肉にゆっくりと火が入り、しっとりとした美味しいサラダチキンが出来上がります。

■材料 4つ分
鶏むね肉:4枚(1枚300g前後)
塩:4.5g×4枚分
胡椒:0.5g×4枚分

カレーソース
玉ねぎ:1個
りんご:1個
にんにく:1片
バター:50g
小麦粉:大さじ2
カレー粉:小さじ1.5
ブイヨン:1個
水:300cc
塩:ふたつまみ

<サラダチキンの作り方>
1.鶏むね肉は皮と余分な脂を取り除き、耐熱性のジップロック等に1枚ずついれて、塩・胡椒を揉みこみ、空気を抜く。鶏むね肉1枚につき、塩4.5g、胡椒0.5gを揉みこみましょう。
2.鍋に湯を沸かし、58度になったらジップロックごと入れる。温度が下がらないよう調節しながら、1時間低温調理する。
3.1時間たったらお湯から出して完成。

<ソースの作り方>
1.玉ねぎ、りんごは1cm角に切る。にんにくはみじん切りする。
2.鍋にバターを熱し、1.の材料を全ていれ、透き通るまで炒める。
3.小麦粉、カレー粉、塩をいれ炒め、水とブイヨンを入れて10分ほど煮込んでとろみがつけば完成。

自宅で簡単に作れる「サラダチキン」のレシピをご紹介しました。1時間低温調理することで時間はかかりますが、購入するよりもリーズナブルにサラダチキンを食べることができますよ。サラダチキンが好きな方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

文・編集部 編集・物江窓香

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 高密度ポリエチレンの食品用袋、塩胡椒ドライハーブ(ドレッシングでも可)と一緒に入れて、沸騰したお湯にドボン。蓋して1分したら火を止め、冷めるのを待つ。
    • イイネ!0
    • コメント 4件
  • この前世界一受けたい授業で、70度ぐらいのお湯を炊飯器に入れて、1時間保温すると良いって言ってたな
    • イイネ!17
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(37件)

あなたにおすすめ

ニュース設定