ホーム > mixiニュース > トレンド > トヨタ 6車種15万台をリコール

トヨタ15万台リコール=エンジン破損などの恐れ

106

2019年06月26日 15:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 トヨタ自動車は26日、雨水の浸入でエンジンが壊れたり、ライトやエアコンを動かすバッテリーの充電ができなくなって走行不能になったりする恐れがあるとして、乗用車「シエンタ」など6車種計15万4293台(2015年5月〜18年11月製造)をリコール(回収・無償修理)すると国土交通省に届け出た。

 国交省によると、シエンタではボンネット付け根の防水構造に不備があり、雨水がエンジンルームに浸入して、エンジン部品が変形するなどのトラブルが起きる可能性がある。これまでに不具合は152件報告されている。

 また、シエンタと「アクア」「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」「ヴィッツ」「JPN TAXI」の6車種で、バッテリーの充電をする電圧変換装置のはんだ付けが不十分なケースがあり、システムダウンで動かなくなる恐れがある。これまでに報告された不具合は256件に上るという。 

このニュースに関するつぶやき

  • カウルトップ防水不良って(笑)。25年位前にルーバーとシールゴムの間にブチルテープ貼ったが。1G-FEの6番プラグコードがイカれてた。いつまでやっとんねん。学習しない会社だ。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • (=´ω`)AQUAの癖に水に弱いんやな。名前負けやな
    • イイネ!28
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(66件)

あなたにおすすめ

ニュース設定