ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 押井守監督 新作はコメディー

押井守監督、新作アニメ『ぶらどらぶ』制作発表 吸血鬼少女&女子高生のドタバタコメディーが来春放映予定

143

2019年06月26日 15:40  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『押井守 新作アニメ』制作記者発表会で新作アニメ『ぶらどらぶ』が2020年春ごろに放映することを発表 (C)ORICON NewS inc.
『押井守 新作アニメ』制作記者発表会で新作アニメ『ぶらどらぶ』が2020年春ごろに放映することを発表 (C)ORICON NewS inc.
 『機動警察パトレイバー』『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』などで知られる押井守監督が26日、都内で行われた『押井守 新作アニメ』制作記者発表会に出席し、5月15日に発表していた新作アニメ制作の詳細を発表。タイトルは『ぶらどらぶ』に決定し、吸血鬼の少女&女子高生のドタバタコメディーの物語が、2020年春ごろに全12話で放映される予定(※テレビアニメかネット配信かは未定)。

【写真】公式アンバサダーユニットに就任!パフォーマンスを披露したBlooDye

 押井監督の新作アニメの制作は先月発表されており、10年間構想を重ねた意欲作で、原作・脚本・総監督を担当。企画は、東京・秋葉原の商業施設「AKIBA カルチャーズ ZONE」などを保有する不動産企業いちごが、4月4日付でアニメーション制作を手がける100%連結子会社「いちごアニメーション」を設立したことに伴い決定したもので、いちごアニメーションの独占出資により制作される。

 押井監督は「脚本も全部上がっている」と説明。物語は吸血鬼の少女と彼女を匿(かくま)うことになった女子高生を中心にしたドタバタコメディーになるそうで「吸血鬼の少女は『うる星やつら』のラムちゃんみたいな感じで、名前はマイ。女子高生のドタバタコメディーで、女子高生の女の子しか出てこないで、イケメンの男性は出てきません」とスクリーンに写ったキャラクターラフを見ながら明かした。

 「若い女の子がメインで、5人くらいのメインがいる。狙いとしては女の子の物語を真面目にやりたいと思った。ドタバタではあるのですが、真のあるドタバタ。ボーイ・ミーツ・ガールではなく、ガール・ミーツ・ガール。希望としては男の子たちも食いついてきてほしいのですが、基本的には女の子に見てほしい。50歳以上の親父たちも面白がっていただけたら」と話した。

 スタッフ情報も公開となり、監督は押井氏とともに『逮捕しちゃうぞ』『ハーメルンのバイオリン弾き』などで知られる西村純二氏、キャラクターデザインを『猫物語(黒)』(作画監督)の新垣一成氏、脚本を押井氏が監修した小説『パトレイバー』の著者である山邑圭氏が務める。

 音楽プロデューサーをDaisuke 'Dais' Miyachi、制作をコミックアニメーション、アニメーション制作をテレビアニメ『臨死!! 江古田ちゃん』などを手がけたドライブ、アニメーション制作協力としてプロダクション・アイジーが担当する。

 また、人気アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』国木田花丸役、声優ユニットAqoursのメンバーとして活躍している声優・高槻かなこが率いるヴォーカル&パフォーマンスユニット「BlooDye(ブラッディー)」が、公式アンバサダーユニットに就任。主題歌を担うことも決定し、この日は自らのスターティングソング「この地球(ほし)の何処かで」を初披露した。

 押井監督は1983年、劇場アニメ『うる星やつら オンリー・ユー』で映画監督デビュー。『機動警察パトレイバー』『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』などの名作を手がけ、世界三大映画祭(ベネチア、カンヌ、ベルリン)すべてに出品経験がある。今年3月には、夢枕獏氏の小説『キマイラ』のアニメ化を手がけることも発表されていた。

このニュースに関するつぶやき

  • ずら丸が主人公担当するのかな?μ’sはあまり知らんけどAqoursは最近Aqours以外の仕事の話が色々出てきていてそれぞれがんばルビーして欲しいモンです(°▽°)
    • イイネ!1
    • コメント 3件
  • 押井監督の新作が美少女コメディというのがまた変化球だと思います。美少女ものはうる星やつら以来ほとんど手掛けてなかったので、意外性のあるジャンルへの開拓にビックリしました。
    • イイネ!13
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(73件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定