ホーム > mixiニュース > 地域 > 「呼吸器外され死亡」主張へ

「呼吸器外され死亡」主張へ=検察側が立証方針−元看護助手再審

48

2019年06月26日 20:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 滋賀県東近江市(旧湖東町)の湖東記念病院で2003年に死亡した男性患者=当時(72)=に対する殺人罪で懲役12年が確定して服役した元看護助手西山美香さん(39)の再審公判に関し、検察側が「男性患者は呼吸器を外されたために死亡した」と改めて主張する方針を大津地裁に伝えたことが26日、分かった。弁護団が明らかにした。

 弁護団によると、検察側は医師の意見書を提出するなどして、男性患者が死亡したのは呼吸器が外されたことによる「酸素供給途絶による急死」だと立証するという。西山さんの再審請求審で大阪高裁は17年12月、「致死的不整脈で自然死した疑いがある」と指摘して再審開始を認め、今年3月に最高裁で確定した。

 再審公判をめぐっては12日に地裁と検察、弁護団による2回目の三者協議が開かれた。しかし、検察側が立証方針を示さず、26日までに明らかにするよう地裁が求めていた。 

このニュースに関するつぶやき

  • まだピンピンしてる奴で、「安楽死」だの言う奴、只他人追い込んで死なせたいだけじゃないなら「自分が事故って障害負ったら安楽死を望みますキーホルダー」でも付けてから言えよ疑わしい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 呼吸器を付けて生きていても、仕方ないと思うのだが、家族としてはそれでも生きていて欲しいかもしれない。自分だったら外してほしい。
    • イイネ!34
    • コメント 7件

つぶやき一覧へ(36件)

あなたにおすすめ

ニュース設定