ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > 浦和 ACL逆転突破で準々決勝へ

浦和が蔚山現代に3発快勝! 興梠慎三が2得点で逆転突破…準々決勝進出

41

2019年06月26日 22:09  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真浦和レッズと蔚山現代が対戦した [写真]=Getty Images
浦和レッズと蔚山現代が対戦した [写真]=Getty Images
 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグが26日に行われ、浦和レッズ(日本)はアウェイで蔚山現代(韓国)と対戦した。

 浦和はファーストレグにてホームで1−2の逆転負けを許してしまった。貴重なアウェイゴールを2得点奪われており、絶対に負けられない一戦に向けて、蔚山現代の敵地に乗り込んだ。

 試合は41分、宇賀神友弥が右サイドの深い位置からクロスを供給。ゴール前でボールに反応した興梠慎三がヘディングシュートを放ち、先制弾を叩き込む。浦和は貴重なアウェイゴールを挙げ、試合のリードを握った。

 前半を浦和が1点のリードを守り抜き折り返す。後半に入り追加点を必要としていた浦和は攻撃を繰り返すもなかなかゴールをこじ開けられずにいた。

 しかし80分、再び浦和にチャンスが訪れる。マウリシオが右サイドからクロスを上げると興梠が走り込んでへディングシュートを決める。浦和は2得点目を挙げ、アウェイゴール差で準々決勝進出に王手をかけた。

 87分、勢いに乗った浦和はまたも得点チャンスを演出。山中亮輔が左サイドから上げたクロスに杉本健勇が合わせる。ボールをエヴェルトンに落とすと右足で蹴ったボールはゴールに吸い込まれ、浦和は3ゴール目を決めた。

 このまま試合終了のホイッスルを迎え、浦和は3−0の完封勝利を収めた。2試合合計4−2で蔚山現代を下し、逆転突破で準々決勝進出を果たした。

【スコア】
蔚山現代 0−3 浦和レッズ

【得点者】
0−1 41分 興梠慎三(浦和レッズ)
0−2 80分 興梠慎三(浦和レッズ)
0−3 87分 エヴェルトン(浦和レッズ)

【スターティングメンバー】
浦和レッズ(3−4−2−1)
西川周作;岩波拓也(75分 長澤和輝)、マウリシオ(65分 杉本健勇)、槙野智章;宇賀神友弥(83分 森脇良太)、エヴェルトン、青木拓矢、山中亮輔;武藤雄樹、ファブリシオ;興梠慎三

このニュースに関するつぶやき

  • さいたまの観客が2万人で蔚山の観客が3000人。映像で観ると浦和サポーターの声がよく通っていた。「サッカーそのものが好きか、結果が好きか」という日韓の文化の差が応援とサッカーの質の差になり結果になった。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • イチャモンが南鮮から出るに1000ペリカ!www
    • イイネ!29
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(14件)

あなたにおすすめ

ニュース設定