ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 岡崎朋美、Sスケート再挑戦へ

岡崎朋美、スピードスケート再挑戦へ マスターズで世界記録目指す

20

2019年06月27日 12:10  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真スピードスケートへの再挑戦を意気込んだ岡崎朋美 (C)ORICON NewS inc.
スピードスケートへの再挑戦を意気込んだ岡崎朋美 (C)ORICON NewS inc.
 長野オリンピックスピードスケート銅メダリストの岡崎朋美(47)が『ながのご縁スポーツ大使』の初代大使に就任し27日、都内で行われた任命書授与式に出席。2013年に現役を引退したが「(引退後)大阪マラソンとかも参加させていただいて、スポーツいろいろとやったのですが、もう一度スピードスケートを再チャレンジして、世界マスターズ挑戦しようかなと思います」と宣言した。

【写真】岡崎朋美に手作りの金メダルをプレゼントするもう中学生

 10歳より本格的にスケートを始めた岡崎氏は、1990年に富士急行スケート部に入部以来、5度の冬季オリンピックに出場。98年長野五輪ではスピードスケート女子500メートルにて日本女子短距離初の表彰台となる銅メダルを獲得。2006年のトリノオリンピックでは日本選手団主将、10年バンクーバー五輪では日本選手団旗手を務めるなど活躍し、13年に現役を引退した。

 この日のイベントで「現役復帰ということですか?」との質問を受けると「オリンピックを狙う訳ではないので」としながらも「マスターズのみで頑張ります。体は動けるので、もうちょっと刺激を入れたらできるかな」とにっこり。「心肺トレーニングをして、負荷をかけつつやりたいなと思いますが、腰をやるとアウトなので気をつけたい。来年の1月に世界国際マスターズがあるので、500メートル、1000メートルに出たい。40歳代で(500メートルの)世界記録が41.2秒くらいなので、41秒を切るくらいの気持ちで狙えたら」と意気込んだ。

 同大使は、長野市民にスポーツの楽しさを伝えるとともに、シティプロモーションと連携し、市内外に向けて長野市のPRに協力していくために設立。岡崎の就任を祝うべく、お笑い芸人のもう中学生がショートコント「スポーツ」を披露した。

 もう中はおなじみの段ボールネタで会場を沸かせると、岡崎に手作りの金メダルをプレゼントして「長野オリンピックの時、間近でオリンピックを見させていただいて、僕の目では朋ちゃんスマイル、金メダルでした。大使頑張ってください」とエールを送っていた。

このニュースに関するつぶやき

  • スケートが好きなんだから納得できるまでやればいいと思う。記録を目指してがんばってほしい。政治の世界には行かないでほしい�ܥ����äȤ�����
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 朋美hランは多いから喜ぶだろうな。あの勇姿がまた見られますよ。走り終わってフードをとっってニコッと笑った顔が一番好きです。可愛いもん。
    • イイネ!6
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(11件)

あなたにおすすめ

ニュース設定