ホーム > mixiニュース > トレンド > 日産セレナなど49万台リコール

日産49万台リコール=火災発生の恐れ

37

2019年06月27日 14:31  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 日産自動車は27日、電源分配器で火災が発生する恐れがあるとして、乗用車「セレナ」や「キューブ」など7車種計49万1345台(2008年11月〜18年9月製造)をリコール(回収・無償修理)すると国土交通省に届け出た。

 国交省によると、製造時に付着したはんだが原因で基板がショートし、火災に至る可能性がある。17年12月に同様のリコールを行ったが、その後も火災が4件発生したため、日産は対象車を拡大して再リコールすることにした。 

このニュースに関するつぶやき

  • 技術の日産キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!! https://mixi.at/aa76M3K
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • セレナでその年式だとC25後期〜C26あたりか。C26はあの聞こえてきただけで虫酸が走るクソ雑音がCMソング、という時点で不良品。あんなものをCMと称して公共の電波で流すから壊れるんじゃ!
    • イイネ!11
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(19件)

あなたにおすすめ

ニュース設定