ホーム > mixiニュース > 地域 > 千島列島エベコ山で爆発的噴火あいつぐ 噴煙2500m

千島列島エベコ山で爆発的噴火あいつぐ 噴煙2500m

2

2019年07月01日 11:31  ハザードラボ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ハザードラボ

写真千島列島の火山地図
千島列島の火山地図

 約100年ぶりにライコケ山が爆発した千島列島で30日、パラムシル島のエベコ山が噴火した。
 ロシア科学アカデミーのカムチャツカ火山観測所(KVERT)によると30日、カムチャツカ半島南端から50キロほど離れたパラムシル島で、北部にそびえるエベコ山が爆発し、噴煙が火口上空2000〜2500メートルに達した。

  この影響で、火山灰を含んだ噴煙が、西北西に向かって5キロほど広がるようすが確認されているが、ふもとのセベロクリリスク空港の運航に支障はない。  KVERTは、「火山活動は活発化しており、いつ噴火して噴煙が上空6000メートルの高さに上昇してもおかしくない状況だ」として、周辺を通る航空路線に注意を呼びかけている。  千島列島では今月22日、エベコ山が位置するパラムシル島から、250キロ近く南西に浮かぶライコケ島が、95年ぶりに爆発したばかりだ。

このニュースに関するつぶやき

  • 千島列島エベコ山で爆発的噴火あいつぐm 環太平洋火山帯。日本も入るからして上下で噴火だ地震だとやってるから日本も沈黙火山が一気に噴火も変じゃない電子機械の溢れる日本 火砕流や火山灰で様々なんが壊滅的事態になるだろうね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定