ホーム > mixiニュース > 海外 > 2日未明にバヌアツでM6.0 震源の深さ100km 津波の心配は…?

2日未明にバヌアツでM6.0 震源の深さ100km 津波の心配は…?

0

2019年07月02日 11:31  ハザードラボ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ハザードラボ

写真エスピリトゥサント島で揺れが観測された(USGS)
エスピリトゥサント島で揺れが観測された(USGS)

 日本時間2日午前2時13分ごろ、南太平洋のバヌアツ近海を震源とするマグニチュード(M)6.0の地震が発生したと米地質調査所(USGS)が明らかにした。
 地震が発生したのは、バヌアツ最大のエスピリトゥサント島と、火山島として知られるアオーバ島に挟まれた海域で、震源の深さは100キロ。

 この影響で、国際空港があるルーガンビルなどエスピリトゥサント島東岸で中規模の揺れが観測されたが、ハワイの太平洋津波警報センター(PTWC)は、津波の心配はないとしている。  オーストラリアプレートの東端に位置するバヌアツは、太平洋プレートが沈み込んでいるケルマディック海溝に近く、世界でも有数の地震多発地帯。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定