ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > “夏は痩せやすい”は間違い?夏ダイエットにひそむ3つの落とし穴

“夏は痩せやすい”は間違い?夏ダイエットにひそむ3つの落とし穴

3

2019年07月02日 20:01  ごきげん手帖

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ごきげん手帖

写真ごきげん手帖
ごきげん手帖

「夏は代謝が上がるから痩せやすい」と思っていませんか? そうやって油断していると、ダイエットの落とし穴にはまってしまうかも……。


今回は、ごきげん手帖でライターとしてもご活躍中のダイエットエキスパート・和田清香さんに、夏に気をつけたいダイエットのポイントを伺いました!



「夏は痩せやすい季節」というのは勘違い?


資生堂のWebサイト「脳腸相関LABO.」が、2018年12月に30〜49歳の働く女性568名に対して行ったアンケート調査の結果によると、約半数が「夏」は最も痩せやすい季節だと思っていたのだとか。


また、「夏は代謝がアップする季節なのでぜひダイエットしたいと思う」という質問に対しても、合計56%が「かなりそう思う」「そう思う」と答えています。





確かに夏は代謝が上がりそうなイメージがあるため、ダイエットの結果が出やすいように思えてきますよね。 でも実際には、そうとも限らないのだそう!



夏ダイエットの落とし穴


ダイエットエキスパートの和田さんは、夏ダイエットには3つの落とし穴があると話します。



1.冷たい飲み物をたくさん飲んでしまう
2.湯船につからずシャワーで済ませがちになる
3.冷やしすぎ、暑さを我慢しすぎなど体温調節が難しい



「これらに共通するのは『ストレスを感じやすい』『腸を冷やしてしまう』ということ。脳や腸にとってマイナスになってしまいがちな行為なのです」(和田さん)



ストレスをかけないことが重要



「これまでの経験から、ダイエットはストレスがかかる食生活や運動では良い結果は得られないことがわかりました。
好きなこと・続けられそうなことを選んで、ストレスをかけずに心と体を心地よい状態に整えることが、ダイエットで最も重要なことなのです」(和田さん)



腸の健康はメンタルの安定につながる


さらに和田さんは、ある部分にも注目しています。


「『腸』が健康なら、メンタル面も安定して、ダイエットも続けやすくなります。これは近年話題の『腸と脳は血管や神経を介して繋がっていて、互いに影響し合う』という脳腸相関の考え方に基づいています」



「脳腸相関LABO.」によると、腸内細菌のはたらきによって、食事から摂取した必須アミノ酸から「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンのもとがつくられ、それが脳に届くとセロトニンとなり、リラックスや幸福感などの感情を発生させるといいます。
このことから、腸内環境が悪いとセロトニンが足りずにイライラや不安感の原因になるといわれています。つまり、腸の健康はメンタルに影響を及ぼすということです。



脳腸ダイエットのやり方


和田さんは、この脳腸相関の考え方に基づくダイエット方法「脳腸ダイエット」を勧めています。
その方法をさっそく教えていただきました!



1.冷たい飲み物は温かい飲み物とセットで飲む


「腸を冷やさないことが夏痩せの秘訣。冷たい飲み物は腸を冷やしてしまいます。
冷たいものは温かいものとセットで飲みましょう」



2.必ず湯船につかる



「入浴時は暑くてもシャワーだけで済まさず、必ず湯船につかりましょう。湯船につかることで副交感神経が優位になり、脳や自律神経が整うといわれています。
脳と腸の両方から、ダイエットしやすいコンディションに整えることができるでしょう」



3.快適な空間+腸を冷やさない


「冷房は27度に設定するなどして“快適な空間だけれど、腸を冷やさない”ことを意識しましょう。暑すぎても不快感がストレスにつながり、いい影響を与えないため、腸を冷やさない程度に調整しましょう」



4.脳腸エクササイズ


「健康的に美しいボディに導くには、『脳と腸は密接に連動しており、健全な精神コンディションは健康的な腸内環境を生み、よい連鎖となって健康的なボディやスタイルをつくる』という考え方の脳腸エクササイズがおすすめです」



(1)ねじる・のばす・反るなどのストレッチ


「ねじる・のばす・反るなどのシンプルなストレッチで、腸を外側からの刺激で活発に動かします。呼吸は意識的にゆったりと、精神を落ち着けながら行ってください」



(2)逆立ち


「逆立ちもダイエットエクササイズになります。年齢とともに下がりがちな内臓を正しい位置に戻すことによって、腸の動きもよくなり、ボディメイク効果が期待できます」



和田さんによると、脳腸エクササイズは1日3分でOKとのこと。メイク中、ちょっと離れたところにあるティッシュケースからティッシュを取るなどのちょっとした動作のときに、腸を意識してねじったり、伸ばしたりすれば簡単に実行できるのだとか。



夏のダイエットは、脳と腸の両方を意識しながら行うのがコツ。今年の夏はストレスのないダイエットで、メリハリのある美ボディを目指しましょう!



【取材協力】



和田 清香(わだ きよか)さん


NYにて皮膚学・ボディマッサージを学び、帰国後は化粧品開発や美容雑誌の編集・ライター業を経験。健康美容業界で得た知識、350種類以上のダイエット体験からの分析力、また、自らも健康的に15kg痩せることに成功した経験をもとに、雑誌、テレビ、ラジオ、セミナーなどに多数出演。
「レギンス入浴」をはじめ、健康美関連商品の開発も手がける他、『カラダが硬い人ほどうまくいく!2週間でやせるストレッチ』(宝島社)『30秒でスッキリ! 壁トレ 体を動かすのが好きになる!』(ナツメ社)など著書も多数。



(ごきげん手帖編集部)




【あわせて読みたい】
▽ダイエットに役立つ記事をもっと読む
毎日1分のダイエット習慣!たるみすっきり小顔エクサ
・永久保存版!ダイエットにも◎「朝ブロッコリー」のススメ
・脂肪がのった丸〜い背中がスッキリ!寝ながらエクササイズ
・ジムに通わず痩せよう!日常動作をエクササイズに変えるコツ



【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選
・たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
・お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
・たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ




【参考】 ※「夏は痩せやすい」ってホント?!脳腸相関LABO.が「痩せやすい季節」調査結果と夏痩せ信仰の落とし穴を公開 – @Press
※幸せの90%は腸からやってくる – 脳腸相関(資生堂)

このニュースに関するつぶやき

  • 昨年は暑さから食欲不振で栄養失調にとどめに肺炎…私の腹には蓄えがあるなんて通用しなかった�դ��դ�今年はどうなることやら
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • そもそもなぜ【夏に基礎代謝が上がる】というのが前提?体温維持にエネルギーを要する冬より、体温維持にエネルギーを要さない夏の方が基礎代謝が落ちるのが当然だと思うのですが。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定