ホーム > mixiニュース > 海外 > 米中協議は良い方向、適切な合意に時間必要=ナバロ米大統領補佐官

米中協議は良い方向、適切な合意に時間必要=ナバロ米大統領補佐官

0

2019年07月02日 23:49  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[ワシントン 2日 ロイター] - ナバロ米大統領補佐官(通商製造政策局長)は2日、米中通商協議は正しい方向に向かっているとした上で、妥当な合意に達するには時間を要すると語った。


ナバロ氏はCNBCとのインタビューで「われわれは非常に良い方向に向かっている」とし、「大統領が述べた通り、協議は複雑で、時間がかかる。われわれは適切な合意を求めている」と述べた。


トランプ大統領と中国の習近平国家主席は先月29日の会談で、5月以降停止していた通商協議を再開することで合意。トランプ大統領はさらに、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する禁輸措置を緩和する方針を表明した。


ナバロ氏は、ファーウェイを巡る措置について、第5世代(5G)移動通信網構築から排除する方針に変更はないと強調。容認するファーウェイへのチップ販売の規模は年間10億ドル弱の規模に過ぎないとし、「国家安全保障への影響はない」と擁護した。


ファーウェイ創業者の任正非最高経営責任者(CEO)は2日、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)に対し、トランプ大統領によるファーウェイへの禁輸措置緩和について、事業に「目立った影響」はないとの考えを示した。


ナバロ氏はまた、中国を交渉のテーブルに着かせ、中国に米国産農作物を大量購入する約束を守らせるために、米政府は一部のチップ販売を認めたと説明。「われわれは政治的な小細工のために、何も犠牲にするつもりはない」と述べ、「中国の狙いは、5Gだけでなく、人工知能やブロックチェーン技術の独占であり、われわれはそれを認めない」と語った。


元米通商代表部(USTR)法律顧問で現在は法律事務所ホーガン・ロベルズのパートナーであるウォーレン・マルヤマ氏は、中国が慎重に協議してきた合意内容を5月に突如撤回したことは、米中に根本的な意見の食い違いがあることを示していると指摘。米中が合意に至れるかどうかは依然不明だとし、合意する場合にも数カ月かかる可能性があると述べた。


*内容を追加しました。

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定