ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > ジェイソン・ブラム製作×リー・ワネル監督のSFアクション 『アップグレード』10月公開決定

ジェイソン・ブラム製作×リー・ワネル監督のSFアクション 『アップグレード』10月公開決定

0

2019年07月03日 19:01  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真『アップグレード』
『アップグレード』

 ジェイソン・ブラム製作×リー・ワネル監督で贈るSFアクション『アップグレード』が、10月11日より公開されることが決定した。


参考:岡田准一の姿はジャッキー・チェンにも重なる!? 『ザ・ファブル』に見るアクションの凄み


 本作は、『ゲット・アウト』『セッション』『ブラック・クランズマン』などを手がけるプロデューサー、ジェイソン・ブラムと『ソウ』シリーズの脚本や出演、『インシディアス 序章』で監督デビューを果たしたリー・ワネルがタッグを組んだSFアクション。AIの力で人間を超越した身体能力を手に入れる男グレイ・トレイスを、『プロメテウス』『スパイダーマン:ホームカミング』のローガン・マーシャル=グリーンが演じる。


 近未来、愛する妻と平穏な日々を送っていた男グレイは、突然現れた謎の組織により幸せを奪われる。妻は殺され、自身は全身麻痺となってしまう。実験的に、「STEM」というAIチップを埋め込まれたグレイは、全身麻痺を克服し、人間を超越した身体能力を手に入れた。グレイは脳内で会話する相棒「STEM」とともに、妻を殺害した謎の組織に復讐を誓う。


 2018年のサウス・バイ・サウスウエストのミッドナイターズ部門、そして第51回シッチェス・カタロニア国際映画祭オフィシャル・ファンタスティック・コンペティション部門ともに観客賞を受賞した。


 公開された場面写真では、全身麻痺になった主人公グレイがAIの力で歩行し、手には銃を握り、復讐を誓うシーンが捉えられている。(リアルサウンド編集部)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定