ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 常備菜を冷凍しておけば料理回数1/2!簡単料理と保存方法教えます

常備菜を冷凍しておけば料理回数1/2!簡単料理と保存方法教えます

1

2019年07月04日 12:30  mamagirl

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl
■冷凍可能で暮らしにゆとり!ウワサの常備菜ってなに?

【詳細】他の写真はこちら

みなさんは、“常備菜”を作ったことがありますか?保存方法によって期間が異なります。日持ちさせるなら冷凍がおすすめ!
出典元:photoAC


・常備菜とは、保存が可能な作り置きおかずのこと
常備菜は一気に量を作るため、料理の回数を減らせる忙しい人の味方。また、常備菜は保存期間の短い野菜も長く日持ちさせることができる有能おかずなんです♡小分けにすることで使用も簡単&冷蔵庫内がすっきり片付くため、ストレス軽減してくれます。

・冷凍することで保存期間が1.5倍になる!
常備菜のメニューにもよりますが冷蔵保存した場合、保存可能期間は平均5日ほど。対して冷凍保存した常備菜の多くは1週間〜2週間程度の保存が可能です!

・日持ちさせたいなら小分けして冷凍保存しよう!
使用食材、料理法によっては冷蔵が良いおかずもありますが、可能であれば冷凍保存する方が当然日持ちします。保存容器を使って小分けに冷凍すれば食材の整頓もでき、解凍も楽ちん♡保存容器は100均アイテムを使えばお手軽ですよ。

■一汁三菜が簡単に♡お家ご飯におすすめの冷凍常備菜5選
食事は一汁三菜でさまざまな食材をバランス良く摂れたらうれしいですよね。でも忙しいとたくさんの料理を一度に作る時間はなかなか取れません。そこで作り置きした常備菜の出番!食べるときは解凍するだけでOKです☆

・副菜にちょい足し!和食にピッタリの切干し大根

出典:冷凍もできる!おすすめ作り置きレシピと正しい保存術をチェック 「アンナのキッチン in ドイツ 手づくりごはんのある暮らし Powered by Ameba」

小皿を1品足したいときに切干し大根はいかがですか?戻した切干し大根を乾燥しいたけ、人参などといっしょに調味料で炒め煮すると完成。優しい味は副菜としていろいろな料理にピッタリです。おかずカップに入れて保存すればそのままお弁当にも使えます☆




・包むだけ!簡単豪華なスチームサーモン

出典:mamagirl2019春号

買ってきた鮭の切り身を好きな野菜と共に包んで蒸し焼きにすれば、簡単にメインのおかずが作れちゃいます。保存するときは冷凍用のストックバッグがおすすめです☆




・小さなお子さんもいっしょに♡野菜たっぷりクリームコロッケ

出典:@ __itk.shokudo__さん

@__itk.shokudo__さんのレシピは小さいお子さんも食べられる優しい味つけ。ほうれん草とかぼちゃのクリームコロッケは野菜もたっぷりで栄養満点です♡小さめに作ってモーニングプレートに乗せても◎。よく冷ましてから冷凍庫に入れましょう。解凍はグリルがおすすめのようです☆




・実は冷凍可能!おかずの王様唐揚げはまとめて揚げて常備菜に

出典:今!唐揚げ専門店がアツい!東京で食べられる絶品唐揚げ8選 @furukawa1250さん

面倒な揚げ物はまとめて済ませてしまいましょう!人気おかずの唐揚げも揚げたあとに冷凍が可能です。揚げ物はよく冷ましたあとで冷凍するようにしましょう。唐揚げは食べる量だけラップで包んで小分けにし、タッパーやストックバッグにまとめて保存するといいですよ☆




・タネづくりは1回で終わらせよう!ハンバーグの常備菜

出典:スキレットレシピの保存版! 定番おかずからスイーツまで @yuriri.fさん

ディナーに人気のハンバーグ。時間のかかる手ごね工程、煮込みはまとめて済ませてしまいましょう。冷凍保存は食べる分だけソースと共にフードパックに入れるのがおすすめ♡小さなハンバーグはタッパーの中におかずカップを並べ、小分けに保存しておくとお弁当に使用できます。

■手抜きとは言わせない!常備菜で手作りおかずのレンチン弁当

出典:@hihimamasunさん

小分けにした常備菜を使えば市販の冷凍食品を使わなくても毎日のお弁当が作れちゃいます!家計にも優しく、愛情たっぷりの簡単弁当を作るなら常備菜は強い味方です♡




・食感が楽しい♡れんこんのはさみ焼きも常備菜に

出典:@_____k124hさん

鶏つくねをスライスしたレンコンではさみ、たれを絡めて焼けばれんこんはさみ焼きの完成。主菜、つまみ、お弁当と応用の効くおかずです。見栄えも良く、レンコンの食感が楽しめます♡




・鯖の缶詰で!簡単鯖の磯辺揚げ

出典:@_____k124hさん

@_____k124hさんのレシピからもう一品ご紹介します。こちらは鯖缶を使用しているため下処理不要。表面の水気をとったさばに青のりを混ぜた片栗粉をまぶして揚げるだけの簡単レシピです♡大人も子どもも喜ぶお弁当のメインおかずが簡単に作れます。

■冷凍庫をすっきりさせよう!常備菜の上手な保存方法
常備菜をたくさん作っても、冷凍庫に入れられなければ日持ちもしません。冷凍庫がすっきり片付いて、常備菜を食べる際にも便利な保存方法を活用しましょう。

出典:photoAC


・小分けにしておくと使いやすい!
作った常備菜をまとめて冷凍してしまうと、後から食べる分だけ取り出すのは難しいです。常備菜の冷凍は小分けがマスト。3つの小分け保存法をご紹介します。(1)お弁当のおかずはおかずカップに入れ、浅いタッパーに敷き詰めておくのが◎。そのままお弁当に使えます☆そのほか少量で使いたいおかずは製氷皿を使った保存もオススメです。(2)煮込みハンバーグのようなソースや汁気のある大きいおかずは、一皿分に分け冷凍可のストックバッグに入れておくと省スペースで保存できます。(3)唐揚げやご飯などの汁気のない大きいおかずはラップに包んで小分けにし、タッパーやストックバッグにまとめて保存するとGOOD!

・常備菜は密閉保存で日持ちさせよう!
常備菜を保存する際には、なるべく密閉しましょう。容器は清潔な状態にして、耐熱容器であれば熱湯消毒までしておくとより安全です。また、じゃが芋やコンニャクといった冷凍に向かない食材もあるので冷蔵保存で早めに消費しましょう。

■おいしい常備菜で余裕のある暮らしをGETしよう♡
常備菜は忙しい女性の味方。料理が苦手な人でも短時間で作ることができます。冷蔵保存したおかずは食べる前に取り分けられますが、冷凍したあとで取り分けるのは困難なので、保存前の小分けがマストです。いつも作っている定番料理も冷凍保存できることがあるので活用してみてくださいね☆引用文献「アンナのキッチン in ドイツ 手づくりごはんのある暮らし。 Powered by Ameba」

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定