ホーム > mixiニュース > トレンド > 青山商事がラグビー日本代表チームの公式スーツをリニューアル、日本製に徹底した特別仕様に

青山商事がラグビー日本代表チームの公式スーツをリニューアル、日本製に徹底した特別仕様に

0

2019年07月04日 20:22  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真ラグビー日本代表チームの公式スーツ Image by: 青山商事
ラグビー日本代表チームの公式スーツ Image by: 青山商事
 青山商事が、ラグビー日本代表チームに提供する公式スーツをリニューアルした。「オールジャパン」をコンセプトに、国産生地使用、国内縫製の日本製に徹底。レプリカ商品は7月5日から「洋服の青山」オンラインストアで限定販売される。価格は税別7万9,000円。
【写真で見る】ラグビー日本代表チーム公式スーツ 以前のデザイン(2015年掲載)


 同社は2010年に日本ラグビーフットボール協会とスーツサプライヤー契約を締結して以来、ラグビー日本代表チームに公式スーツを提供してきた。今回は日本でのワールドカップの開催に合わせてリニューアルしたという。
 シルエットは洋服の青山の最上級ブランド「ヒルトン(HILTON)」をベースに、黒色のシャドー組織柄を採用。表生地には、日本を代表する紳士服地メーカー御幸毛織のウール生地を使用し、縫製は裁断から仕上げまでの全工程を国内の縫製工場で行った。軽やかな着心地に加えて、素材本来のやわらかな風合いとストレッチ性が特徴で、日本の熟練職人によって丹念に仕立て上げられた。上着はカラークロスにチームのシンボルマークである桜をあしらい、内側には日本代表のイメージカラーである赤色のパイピングを施した。スーツは、コーディネートとしてシャツ1型(ピンク)とネクタイ2型(黒、グレー)と合わせて8月に提供予定。9月に開幕する「ラグビーワールドカップ2019日本大会」に向けてのチーム行事などで着用される。
 レプリカ商品は、日本製から素材、色柄、デザインまでを公式スーツと同仕様で企画した特別モデル。YA体3号からE体8号の全26サイズを取り揃える。
【まとめ】スポーツ競技用シューズのオンラインカスタムサービス

    あなたにおすすめ

    ニュース設定