ホーム > mixiニュース > 社会 > 北・東日本の太平洋側で「日照不足と低温」今後2週間は続く

北・東日本の太平洋側で「日照不足と低温」今後2週間は続く

3

2019年07月08日 16:01  ハザードラボ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ハザードラボ

写真北日本と東日本の太平洋側では日照不足が続いている(気象庁)
北日本と東日本の太平洋側では日照不足が続いている(気象庁)

 北日本と東日本の太平洋側では、このところ日照不足が続いており、気象庁は8日「この状態は今後2週間程度続く見込み」だと発表した。
 北日本と東日本の太平洋側では、梅雨前線や湿った空気の影響で、先月28日以降の日照時間の合計が、平年の半分以下となっている。
 6月28日から7月7日までの10日間の日照時間の合計は、▽東京都で3.9時間、▽栃木県宇都宮市3.3時間、▽茨城県鹿嶋市で4.5時間と、いずれも平年に比べて11%にとどまっている。
 また▽福島県福島市でも10日間の日照時間合計が15.9時間、▽青森県むつ市で20.1時間と、平年比45%だった。
 さらに、オホーツク海高気圧からの冷たく湿った空気の影響で、今後2週間程度は日照不足と、低温状態が続く見込みで、農作物の生育に影響を及ぼすおそれがあるという。

このニュースに関するつぶやき

  • 5年ぶりの涼しい夏? とは言え、8月になって急に暑くなる夏もあるからねぇ〜������ (8月になって暑くなる夏は、'07以来になる)
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ここ2・3日寒いんですけど。Tシャツ1枚では寒いです。速く梅雨明けしないかな。お日様が恋しい、ビタミンD不足になりそう。
    • イイネ!2
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定