ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 銀杏BOYZ、印象に残っている曲は?「衝撃的に恋をしました」

銀杏BOYZ、印象に残っている曲は?「衝撃的に恋をしました」

0

2019年07月09日 15:50  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、様々な旬のトピックを週替わりで4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。この週は銀杏BOYZのボーカル、峯田和伸さんのコメントを交えながら銀杏BOYZを特集しています。

最終日となる7月4日(木)のオンエアでは、リスナーが選んだ「銀杏BOYZといえばこの1曲!」を、コメントとともに紹介しました。

【1日目】「銀杏BOYZの結成は自分が生存するため」 峯田和伸が当時を語る
【2日目】峯田和伸「どんなカタチであれ銀杏BOYZをやっていくと思う。何歳になっても」
3日目】


■「とんでもないエネルギーの塊の爆弾」

『恋は永遠』(2017年リリース)

「大好きな人にこの曲を教えてもらってから1年、今では自分のほうが銀杏にハマっています。日本武道館のライブで生で聴けたときは本当に幸せでした。優しくて優しくて、甘酸っぱい曲です。本当に好き」
「元カレが好きだった曲です。よく車で流しながら一緒に歌ってドライブしていたけれど、彼に7年ほど交際している彼女がいることが発覚。別れたあとに彼の彼女のInstagramを確認すると、『恋は永遠』のCDを投稿していました。恋は一瞬でした」

あっこゴリラ:良くも悪くも思い出の1曲ってことだよね。好きな人に教えてもらう人が多いですね。

『あいどんわなだい』(2007年リリース)

「好きな人がカラオケで歌っていて、銀杏BOYZを好きになったきっかけの曲です。出だしの歌詞で一気に引き込まれました。“ラブラブシール”を貼られました」
「私はドンズバ世代ですが、周りに銀杏を好きな人が少なく、銀杏を通らずに生きてきました。2年前にこの曲を演奏しているライブ映像を観て、衝撃的に恋をしました。峯田さんの世界観を堪能できる曲です」

あっこゴリラ:峯田さんいわく、ラブラブシールっていうのは造語で、そのシールを貼ると、その人が自分のことを好きになってしまうという夢のあるシールとのこと。かわいい〜!

『駆け抜けて性春』(2005年リリースのアルバム『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』収録曲)

「YUKIと銀杏のライブが仕事で行けなかったのが悔しい」

あっこゴリラ:2002年にGOING STEADY時代にも発表していた曲。銀杏バージョンではYUKIとコラボしてるんですよね。2008年に対バンしたことがあって、そのアンコールで念願のコラボも果たしています。実は大森靖子さんとも一緒に歌ってるんですよね。YUKIさんは神聖化された女の子を体現して歌っていたと思うんですけど、大森さんは幻じゃねえぞっていう感じ。そういうテンションで歌っていて、その解釈もカッコイイなって。

『若者たち』(『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』収録曲)

「『駆け抜けて性春』や『BABY BABY』とめっちゃ迷ったけど、これだなあ。高校時代にこれを聴いてどれだけ救われたか。こんなふうに、こんなことを表現していいんだって衝撃を受けた曲でした」

あっこゴリラ:個人的に銀杏BOYZで一番好きな曲です。このテンションと爆音とリリック。これこそが私にとって「銀杏BOYZやな!」って感じがするんですよね。とんでもないエネルギーの塊の爆弾みたいな曲。

『銀河鉄道の夜』(2005年リリースのアルバム『DOOR』収録曲)

「高校の帰りにカラオケで歌っていました。青春でした」
「この曲は大学のときに片思いの人とイヤホンを片方ずつ繋げて聴いた曲。聴きながら、その人は電車の絵と歌詞を青いペンで描いていました。10年前の話だけど、今でも青いペンは思い出です」

あっこゴリラ:2001年リリースのGOING STEADY時代の『さくらの唄』にも収録されていますね。大人気のナンバーですよね〜。

最後にあっこゴリラは、「強烈な思い出とともに残っている曲」として『青春時代』を紹介。

あっこゴリラ:高校のときに仲のいい女友だちがいて、その子は大好きな先輩といい感じだったんですけど、先輩には本命の彼女がいたんですよ。「どっちをとるんだ?」って状況でした。先輩はコピーバンドをしていたから文化祭でこの曲を演奏して、そしたら周りが「こいつの前で歌ってやれよ」って本命の彼女を先輩の横に並べていて、それを見た私の友だちは号泣。その友だちを見て、私たちのグループで「ちょっと行こうぜ」って言ってステージに上がって、「あの子の気持ち考えたことあるの!?」「ひどくない!?」みたいな(笑)。青春時代ですよ。

銀杏BOYZ、ぜひ改めて聴いてみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定