ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 疲れに効くカラーって?大人に癒しを与える「色選びの法則」

疲れに効くカラーって?大人に癒しを与える「色選びの法則」

4

2019年07月09日 20:40  つやプラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

「女性は、色からの影響を受けやすい」といわれています。ミニマムリッチコンサルタントの筆者が、いつもご機嫌で疲れた顔を見せない大人女性が実践していた夏疲れ対策と、効果的な色選びをお伝えします。

■「オレンジ色」の入浴剤を入れた湯船につかる

夏はシャワーですませがちですが、できれば湯船にゆったりとつかって疲れをとりましょう。その際に、オレンジ色の入浴剤を入れると効果的です。

オレンジ色はヒーリング効果があります。照明などに使われる癒される暖色系のライトはオレンジです。リラックス効果を高めてくれます。

■「茶色」のカップで温かい飲み物を飲む

冷房の影響で室内と外の温度差が広がると、夏でも冷えが気になります。意識して温かい飲み物をとり、身体を冷やさないようにしましょう。腸が冷たいと表情も冷たくなりがちです。

あたたかい表情をとり戻すためにも、疲れた時は「茶色のカップ」がおすすめです。茶色は、地面にしっかりと根をおろした木のような安定感を表しているといわれています。安心感をとり戻したいブレイクタイムにはぴったりです。

■「ミントグリーン」のものをとり入れる

「ミントグリーン」は、心身を落ち着かせ、ストレスや疲れを和らげる色といわれています。身につけるものや部屋にミントグリーンをとり入れてはいかがでしょうか?

フレッシュ」という意味もありますので、夏の清涼感を演出してくれます。フレッシュな気分で新しい方向へ進んでいこうとする気持ちを後押ししてくれる色です。

いかがでしたか? 色を使いこなすことで、気持ちをある程度コントロールすることができます。大人の女性は「疲れてないこと」が美しさの基本ですから、色を味方につけて、これから本格的に始まる夏を爽やかにのり切りましょう。

※ミニマムリッチ=「上質なものを少しだけ」の意味です。日常の中での意識を少し上質に変えるだけで豊かになれます。

(ミニマムリッチコンサルタント 横田真由子 株式会社ケリングジャパン(旧 GUCCI JAPAN)で販売スタッフとして有名人やVIP客の担当となり、3年で店長に昇格。独立後「上質なものを少しだけ持つ人生」=「ミニマムリッチ®ライフ」を提唱する。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 落ち着きたいのにビビットやストロングは使わないかなあ。エネルギッシュで付いていけないというか。明度にはけっこう幅有りそうだけど彩度は中程位からがいいように思う。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 室内なら…真っ白ベースに、淡いパステルカラーが視覚としちゃ楽。癒される感じ…。洋服は着まわししやすさのデザインや色柄を選ぶようになったけれど…。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定