ホーム > mixiニュース > 海外 > 米、対中関税第1弾の一部適用除外 医療・電子機器など

米、対中関税第1弾の一部適用除外 医療・電子機器など

1

2019年07月10日 07:19  ロイター

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[ワシントン 9日 ロイター] - トランプ米政権は9日、昨年7月に発動した中国製品に対する関税について、一部の医療機器やコンデンサーなど110の製品を適用除外とすることを明らかにした。


米政府は昨年7月6日、対中関税第1弾として340億ドル相当の輸入品に25%の関税を発動した。


米通商代表部(USTR)は過去1年で1000品目に適用除外を認めており、今回の除外は比較的少数にとどまった。


今回除外が認められたのは、メドトロニック<MDT.N>の医療機器部品やサイバーセキュリティー会社パロアルト・ネットワークス<PANW.N>の機器で使用されるコンデンサーなど。


これらの企業は、米国で代替品が生産されていないほか、当該製品は中国の国家産業育成策「中国製造2025」の対象になっていないとして除外を求めていた。

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定