ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 【インタビュー】『トイ・ストーリー4』ジョシュ・クーリー監督「この映画を仕上げてみて、ウッディの物語としては一通り完結したと思いました」

【インタビュー】『トイ・ストーリー4』ジョシュ・クーリー監督「この映画を仕上げてみて、ウッディの物語としては一通り完結したと思いました」

0

2019年07月10日 09:21  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真ジョシュ・クーリー監督
ジョシュ・クーリー監督

 新たな持ち主ボニーのお気に入りの手作りおもちゃのフォーキーを探す旅に出たウッディ。旧友や新たなおもちゃとの出会いを経て、彼はある決断をする。前作『トイ・ストーリー3』(10)の“その後”を描いた『トイ・ストーリー4』が7月12日から公開される。公開を前に来日したジョシュ・クーリー監督に、デビュー作となった映画への思いや、見どころについて聞いた。




−前作『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ監督は、「シリーズものなので大変だった」とおっしゃっていましたが、監督もそうした難しさは感じましたか。

 確かに、シリーズ物をやる際には、オリジナル物とは違った課題があり、新たなチャレンジが必要になります。特に『トイ・ストーリー』シリーズには、歴史がありますし、たくさんの人から愛されてもいます。ピクサースタジオはもちろん、観客にとっても、とても大きな映画なので、「また感動したい。楽しみたい」という期待も大きいのです。それに応えるのはとても大きなストレスで、幾晩も眠れない夜を過ごしました。ただ、私自身もこのシリーズやキャラクターたちを観客と同じように愛しているので、その映画の監督ができることはとても名誉なことだと思いましたし、このキャラクターたちをどう動かそうか、という楽しみも感じました。

−本作が監督デビュー作ですが、ご自分が監督をする上で、新たに加えてみたことはありましたか。

 いい質問ですね。実は幾つかあります。まず、ピンボールマシンのシーンですが、私はピンボールがとても好きなので背景として使いました。それから、LPレコードから流れてくる曲は、私が大好きな映画『シャイニング』(80)の音楽です。また、これはまだ誰にも言っていませんが、アンティークショップの壁にかかったライセンス証に書かれたイニシャルは実は私の家族のものです。もちろん誰も気付かないのですが、私の子どもたちが見て大喜びしました(笑)。

−今回はウッディの選択と自立が物語の核だと感じましたが。

 確かに、ウッディなりの目的を見つけて、子どもの部屋から飛び出してより大きな世界に行ったという意味では自立なのですが、それは新たな目的のためにしたことです。

−ウッディを演じたトム・ハンクスの声の効用もありますが、今回はウッディが持ち主のボニーを、父親のような目で見ているところがあったと感じましたが。

 トムはもう25年もウッディを演じ続けているので、ウッディが経てきた歴史もよく理解しています。なので「この段階ではウッディはどんなことを感じているのか」ということを2人で話し合い、トムのアイデアを反映させながら作っていきました。この映画では、ウッディは父親やメンター=師の役割を果たしています。ですから、トムもそれを声に込めたところはあると思います。例えば、(アンティークトイの)ギャビー・ギャビーが箱に入ったときに、ウッディが彼女を勇気づけるようなメンター的な言葉を言う場面もあります。

−今回は、そのギャビー・ギャビーの他にも、新たなキャラクターが登場しましたが、監督ご自身のお気に入りのキャラクターは?

 (バイクスタントマンの)デューク・カブーン(声:キアヌ・リーブス)が大好きです。彼は一見自信満々のように見えるけれど、過去についての話をすると泣き崩れてしまうというキャラクターです。彼のような、CMで見たときはすごかったのに、実際に買ってみたら大したことはなかった、というおもちゃは私も持っていました。また、おもちゃに限らず、CMはすごいのに、実際はそうでもないということはたくさんあると思います。そんな意味で、デュークはとても面白いキャラクターだと思います。

−今回は、ある意味、『3』からの終わりの始まりのような物語でしたが、今回の終わり方を見ると、新たな展開でまだまだ続けられそうな気もしましたが…。

 ノー(笑)。ネクストはありません。この映画を仕上げてみて、ウッディの物語としては一通り完結したと思いました。確かに『トイ・ストーリー』シリーズは、毎回、何か新しいものの始まりを予感させながら終わるし、今回もそういうトーンで終わってはいますが、今のところ新たなプランはありません。私はそれでいいと思います。

−今後はどんな映画を撮ってみたいですか。

 次は、まずバケーションを取ります(笑)。そこから戻ったら、新たなアイデアを開発していきたいと思います。ピクサーの素晴らしいところは、新しい監督たちが、新たなアイデアをたくさん抱えているところで、今開発中の映画は、シリーズ物はなく全てオリジナルです。なので、私自身もやる気満々です。

−日本のアニメーション映画についてはどう感じていますか。

 子どもたちと一緒に、宮崎駿監督のものはもちろん、スタジオジブリの映画をよく見ています。他のアニメ映画にはない美しいトーンがあると思います。特に、とてもマジカルでありながらリアルさもある『魔女の宅急便』(89)が大好きです。今度のバケーション中に、アニメに限らず、もっと映画の知識を広げたいと思っています。

−では、最後にこの映画の見どころと、日本の観客に一言お願いします。

 私自身のハイライトは『トイ・ストーリー』シリーズに関われて、この映画を作り上げることができたということです。多くの観客と同じように、私も『トイ・ストーリー』シリーズと共に育ってきました。その新作を、自分が羊飼いとして次の段階に連れていけたことは、とても光栄なことです。そして、今回も、これまでのシリーズと同じように、冒険が満載で、たくさんのハートがあり、友情にも満ちています。私はキャラクターたちと一緒にいる喜びや楽しさを感じながら作りました。皆さんにも、そうしたことを感じていただけたらと思います。

(取材・文・写真/田中雄二)


(C)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ニュース設定