ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 温活ダイエットで20キロ痩せた美容家が伝授する、「夏の冷え性」解消ポイント

温活ダイエットで20キロ痩せた美容家が伝授する、「夏の冷え性」解消ポイント

1

2019年07月10日 14:10  J-WAVE NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEで放送中の番組『MAKE MY DAY』(ナビゲーター:前田智子)のワンコーナー「YOUR WELLNESS」。ヘルスケアアプリ「FiNC」と連動して、毎月、月替わりのテーマでカラダをブラッシュアップしていきます。

7月のテーマは「夏の冷え性」。今回は冷えを改善する生活習慣について、FiNCアンバサダーで温活美容家のおぬまあすかさんが解説しました。7月7日(日)のオンエアです。

【『MAKE MY DAY』の「YOUR WELLNESS」(7:05-7:20頃)】


■温活ダイエットで20キロ痩せた!

おぬまさんは現在よりも20キロほど体重が多く、体の様々な不調に悩んでいる時期がありました。そこで、体温を上げる“温活”をしながら健康的に痩せることをテーマにダイエットに取り組んだ結果、およそ1年半で脂肪が落ちて基礎体温も1度上がり、過度の冷え性を改善したそうです。

おぬま:夏冷えは、冷房の効いたところに薄着で長時間居たり、冷たい食事を過度に摂ると起こりやすくなってしまいます。体が冷たいものを欲しやすくなりますが、それを摂取し過ぎてしまうと、内臓の冷えによる夏冷えに繋がりやすくなります。いつもより疲れが取れづらい、むくみやすい、お腹の調子が悪い人は、夏冷えの傾向にあるので注意が必要です。


■体が冷えないようにするポイント

冷えない体を作るためのポイントは次の3つです。

・冷房の効いた部屋に長時間居る際は、肌に直接冷たい風が当たらないように、カーディガンやストールなど羽織るものを持っていく。

・日頃飲む物は、なるべく常温か体温よりも高いものにする。冷たいものを一気に飲むと内臓も一気に冷えて、夏冷えが悪化しやすくなってしまいます。

・体の疲れや冷え、むくみを感じるときは、シャワーではなくお風呂でぬるま湯にゆっくりと浸かる。その際にバスソルトや自然塩、天然塩などを大さじ2杯ほど入れると、体の芯から温まります。

本格的な夏が来る前に、冷えない体作りを目指してみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『MAKE MY DAY』
放送日時:毎週日曜 6時-9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/makemyday/

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定