ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > ツヤのつもりがテカってる?自然なツヤ肌になるベースメイク

ツヤのつもりがテカってる?自然なツヤ肌になるベースメイク

0

2019年07月10日 20:30  つやプラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

自然なツヤ肌は、健康で美しい印象を与えてくれますよね。土台のスキンケアが整ったら、ツヤ肌メイクをしてみましょう。

エステティシャンの筆者が、ツヤ肌に見せる簡単なメイクポイントをご紹介していきます。

■ツヤ肌メイクのポイント3つ

ツヤ肌とテカリ肌はどう違うと思いますか?

それは、肌のキメが整っているかということと、ツヤのある場所です。キメが乱れると光が肌の上で乱反射し、ツヤではなくギラギラとしてテカった印象になってしまいます。

また、おでこ、鼻などのTゾーンはテカリ感を、頬骨の上のCゾーンはツヤ感を印象付けます。この違いを知るだけでも、ツヤ肌メイクは失敗しづらくなります。

(1)肌に凹凸がある人は、滑らかにする

毛穴の開きやニキビあとなどの凹凸がある人は、その凹凸を滑らかにすることがツヤ肌メイクを成功させるコツです。

凹凸やキメの乱れは、光がきれいに反射せずギラギラとした印象になってしまいます。凹凸感がある部分を滑らかにしてくれる下地などを使用しましょう

(2)うるおいのあるベースメイク

ツヤ肌の大事なポイントは、やはりベースメイクです。乾燥肌傾向の人は、リキッドやクリームタイプのファンデーションがベストです。

また、仕上げの際にパウダーで抑えすぎると、時間がたった時に粉っぽくなったりシワのようになるので注意しましょう。特に、目元はよく動くので、時間がたつとシワのようになって老けみえしやすいパーツです。なので、粉は少量、もしくはのせない方が崩れた時に心配が少ないでしょう。

(3)ハイライトをのせるならCゾーン

ツヤ肌メイク初心者さんであれば、頬骨にそったCゾーンにハイライトやツヤっぽくなるクリームチークを入れると手軽で失敗しづらいです。Cゾーンに適度なツヤ感があるだけで、顔全体のツヤ感を演出してくれます。

ラメやきらめきが大きいものは若づくりをしている印象を与えるので、パールの細かいタイプがおすすめです。

毛穴の凹凸感があったり肌の油分量が多い人は、パウダータイプのハイライトをブラシで軽くのせると良いでしょう。乾燥肌傾向の人は、スティックやクリーム系のハイライトを選ぶと失敗しづらいです。

そして、できれば明るい場所でメイクをしましょう。持っていれば三面鏡で横や斜めから顔を見れる環境でハイライトをのせることがポイントです。

ツヤ肌メイクは大人の肌を美しく、いきいきと見せてくれます。自然に品の良いメイクをするコツをご紹介しましたが、参考になれば嬉しいです。

(美容家・エステサロン&スクールSUHADA主宰 永松麻美自身のニキビ・激太りから容姿コンプレックスに陥り根暗な10代を過ごす。綺麗になるためエステの道へ。「綺麗になる」を通し心や人間関係、人生まで前向きに変わって行く経験を人に伝えるため美容家として活動中。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定