ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 石原さとみ『Heaven?』、初回10.8%も「もう見ない」「途中でやめた」と“離脱者”続出のワケ

石原さとみ『Heaven?』、初回10.8%も「もう見ない」「途中でやめた」と“離脱者”続出のワケ

4

2019年07月10日 20:42  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

写真『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』(TBS系)公式サイトより
『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』(TBS系)公式サイトより

 石原さとみ主演のドラマ『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』(TBS系)の第1話が7月9日に放送され、平均視聴率10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。ギリギリ2ケタ発進となったが、視聴者からは「演出がかなりスベってる」「全然面白くない……」と、酷評が相次いでいる。

「同作は、同名漫画が原作で、石原演じる風変りなフレンチレストランオーナー・黒須仮名子と、オーナーに振り回される個性的な従業員たちによるコメディ。第1話では、フレンチレストランでの勤務経験がある伊賀観(福士蒼汰)が、黒須(石原)にスカウトされるところからスタート。伊賀は『理想のレストランを作る』という黒須のもとで働くこととなり、なんとか新しい店のオープンにまでこぎつける、という内容でした」(芸能ライター)

 初回にしてすでに、「来週からは見なくていいや」「1話だったけどキツくて途中で離脱した」という声が続出していた。

「第1話は、福士演じる伊賀の視点で物語が進んでいったのですが、ネット上では『セリフが棒読みで見ててしんどい』『この演技力でよくメインキャストに入れたね』と、散々な言われようでした。主演の石原についても、『何年も女優やってるのに、演技の幅が狭すぎる』『演技がわざとらしくてイライラする』との不満が。2018年に同局で放送された『アンナチュラル』では、やや影のある役が好評でしたが、今回演じた“気の強い女性”は、『石原さとみがこの役やると、ただの嫌な女って感じ』『「アンナチュラル」の方がハマり役だったなあ』などと言われています」(同)

 しかし、視聴者からもっとも不評だったのは、ドラマの“演出”だったよう。

「登場人物が“心の声”で話す際、頭の上に青白い顔が登場。幽霊のような登場人物が、自身の気持ちを語るという演出が続きました。ネット上では『あの“幽体離脱”みたいな演出何なの? 全然面白くないんだけど』『変なCGが多すぎ。サムくて見てられない』と、とにかく不評でした。また、黒須の無茶ぶりに対して、従業員が“諦めの笑顔”を見せるシーンが多々あるのですが、なぜか毎回、背後に“諦観”という文字が画面に出ており、これにも『“諦観”がしつこすぎる。これからずっとだと思うとウンザリする』『演出が何もかもスベってるな。作ってる人たちだけが楽しいドラマ』と、酷評が目立ちました」(同)

 早くも“離脱者”が相次いでいる様子の『Heaven?』だが、このまま視聴率2ケタをキープできるのだろうか。ドラマの展開とともに注目したい。

このニュースに関するつぶやき

  • オーナーから飛び出す理不尽な要求とそれに振り回される人を見て笑う感じのドラマだと思うけど、実写でやると匙加減難しそうだなーとは、思った。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 台詞が棒読みって…、性格設定上、伊賀観さんは感情の起伏が少ないんで、アレで良いんですよ。
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ニュース設定