ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > モバイル > 難しいことはAIがやってくれる 「AQUOS R3」のカメラはスマホまかせで快適

難しいことはAIがやってくれる 「AQUOS R3」のカメラはスマホまかせで快適

0

2019年07月11日 10:12  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真柔らかい曲線を持つ「AQUOS R3」。ハイテクくさくないデザインがいい
柔らかい曲線を持つ「AQUOS R3」。ハイテクくさくないデザインがいい

 シャープの「AQUOS R3」が搭載するデュアルカメラは他社とはひと味違う「超広角カメラは動画用、メインカメラは静止画用」の分担式。前年の「AQUOS R2」から受け継いだ構成なのだけど、これがなかなかユニークに進化していて面白いのである。



【その他の画像】



 一番大きな進化は、イメージセンサーを2000万画素から今のスマホ用標準画素数ともいえる約1220万画素に落としてきたこと。暗所に強くなった上に、デュアルピクセルセンサーでAFがより高速になった。



 もう1つはAI関係。シャープといえばAIで、カメラでもAIが大活躍している。「人間が楽をして、ただ撮っていれば、後はAIがやってくれる」的な感じがいい。カメラ機能はシンプルで撮るだけなんだけど、実はその後でAIがいい感じにしてくれるっていうわけだ。



●写真撮影時にAIはどんな仕事をするのか



 AQUOS R3のカメラはR2と同じく2つ。上が動画専用の超広角、下が標準カメラ。



 標準カメラ(メインカメラ)は約1220万画素でレンズはF1.7。AQUOS R2よりちょっと明るくなった。焦点距離は35mm判換算で約26mm。もちろん光学式手ブレ補正付き。まあ広角寄りのスマホカメラのスタンダードだ。



 まずは静止画から。カメラを起動したら最初にセッティングをチェック。インテリジェントフレーミングやオートHDRはオンに、ガイド線も入れておくといい。



 そしてまずはいつものガスタンクから。ちょっと天気が悪くてもやっとしちゃったけど、そこは梅雨時ということで勘弁を。カメラ機能は「AI AUTO」にさえしておけば、めちゃシンプルなんだなぁというのを分かってもらえればいい。



 やはり青空ものが欲しいよねってことで、青空+花。花の名前は聞かないでください。苦手なのです。取りあえず青空も緑もほどよく鮮やかで、しかも鮮やかさがウソくさくないのがポイントかな。



 もう1つ、古くて昭和な雰囲気を醸し出している団地を。青空との対比がよかったので。でも傾いてしまった。



 まあこれはわざとなんだけど、あるよね、そういうこと。そんなときはフォトアプリを開くべし。サムネイルにアイコンが付いているはず。



 これが「インテリジェントフレーミング」機能。撮影したとき、AQUOS R3内のAIとやらが「もっといいフレーミングがあるよ」って補正してくれるのだ。例えば傾いていたら直してくれる。



 2つセットになっていて「おすすめ画像」ってのが自動的に修正されたもの。確かに真っすぐになっている。これを使えばいいのだ。



 AQUOS R3の特徴は、こういう「AIがそっと直してくれるので、そっちの方がよければ使ってね」という親切設計なのだ。



 「どんな構図でどうとるかはオレが決める。AIにとやかくいわれる筋合いはねぇ」って人は他の端末が向いているけど、たいていの人はそうじゃないし。まあ、以前からある機能なんだけど、特徴的なので取り上げてみた。



 AIシリーズ、次は「料理」。言うまでもなく料理認識機能が付いているのだけど、それがかなり優秀なのだ。白い皿に白いかき氷って普通はもうちょっと暗く写ってかき氷らしさが失われがちなのだけど、しっかり白くキレイに撮れている。



 ちなみにこれ、ハニーナッツ。冷たくてふわっとして細かくて甘い氷と、常温でちょっと塩気のあるナッツの組み合わせが絶妙すぎて幸せでした。



 例えばこれも、全体に色が淡くてお皿に光が反射しているので、オートできれいに撮るのは難しいのだけど、AQUOS R3の料理認識機能は優秀だ。



 お次のAIシリーズは猫。以前からある犬と猫の検出。今回はAIが被写体の動きを見てシャッタースピードをコントロールするようになったそうで、人・犬・猫・電車に関しては早く動いていたらシャッタースピードを上げて対処するという機能が付いた。



 手ブレのみならず被写体もブレないのがウリだ。



 で、何パターンか実際に動いているかどうかでシャッタースピードに差が出るのか試してみたら、確かに、完璧とはいえないものの違いは出た。



 これは膝に乗っているうちの猫を自撮りで(アウトカメラで)撮ったもの。膝の上でじっとしているときは1/30秒。ちょっと動いちゃったときは1/120秒と差が出た。



 ただ、もっと高速シャッターになってくれと思うこともあり、完璧ではない。それでもすばらしい機能だ。



 AIシリーズ、続いては夕焼け。大して焼けてはいない空だったけど、うまいこと夕焼けっぽくしてくれた。



 最後は高感度時のチェックだ。ISO2292まで上がった。もちろん画質は劣化するけど、夜空はちゃんとぎゅっと締まっているし、明かりもいい感じに写っている。これは悪くない。



 つまるところ、画質はけっこういい。色もいいし階調もけっこう滑らかだし、安定感がある。あれこれ使っていて、露出補正(明るさ補正)したいとか、色を直したいとか思うことまずなかったもの。



●人を撮るのも得意



 では人物撮影だ。当然顔検出機能はあるわけだが、シャープらしいのは「顔」というより「人体検出」をしてくれること。



 体全体に青い枠が付いているのが分かる。顔が見えてなくても人体と判断すると、ちゃんとそう認識してくれるのだ。



 そして人を撮るときは、「インテリジェントフレーミング」が傾きのみならず構図までいじってくれる。



 まずは元の写真。



 続いて、AIが判断して修正した「おすすめ」の写真。



 頭の上に無駄な空間ができていますよ、もうちょっと寄りましょうね、この体の向きならもうちょっと端に寄せましょうね、という構図になっているわけだ。



 続いて、自撮り。インカメラは丸い切り欠きになっているのが面白い。



 インカメラは約1630万画素、35mm判換算で25mm相当、F2.0。標準カメラより画素数が多くてちょっと広角。



 自撮り時は背景ぼかしとか美肌とか目の大きさとか、いろいろと設定できる。彼女に好みの設定を作って撮ってもらった。



 それで撮ったのがこちら。けっこうナチュラルに盛ってくれていていい感じだ。



●AIライブストーリーで動画を自動編集



 最後は動画編。



 動画専用の「ドラマティックワイドカメラ」(すごいネーミングだ)は35mm判18mm相当の超広角で(ただし、電子式手ブレ補正が入るので画角はちょっと狭くなる)、約2010万画素。



 画素数がかなり高いが、フルHD撮影時は4つのピクセルを加算することでより高感度な撮影が可能になっている。4K動画も撮れるが、今回はフルHDで。



 動画はドラマティックワイドカメラ(つまり超広角カメラ)と標準カメラのどちらでも撮れるが、ドラマティックワイドカメラのときは、動画を撮りながら標準カメラで静止画を重ねて撮影できたり(別カメラを使うことになるので1200万画素のフル画素でちゃんと撮れる)、「AIライブストーリー」を使えたりできるので、ちょっとアップで撮りたいとき以外はドラマティックワイドカメラを使うべし。



 そしてドラマティックワイドカメラで撮っているときは、AIが自動的に静止画も撮ってくれたり、自分でシャッターボタンを押して撮ったりもできる。動画中に「ここっ」と思ったら静止画も一緒に撮れるのだ。コレ大事。



 動画を回しているときに「あ、ここ静止画で欲しい」と思ったら、動画から切り出すよりこっちの方が画質もよいのだ。



 AIが勝手に撮ってくれる静止画は……タイミングが微妙なこともあるので自分で積極的に撮るといい。静止画を撮ると画面上部にアイコンで表示される。



 で、動画で面白いのは新しく追加された「AIライブストーリー」機能。1分以上の動画を撮ると、AIライブストーリー機能が働いて、自動的に15秒前後に編集してBGMも付けてくれるのだ。スタンダード、ファン、リラックスの3つから選ぶこともできる。



 では暗い部屋でうちの猫を撮った動画と、延々と電車を撮った動画を続けてどうぞ。1本15秒前後だ。



 長回しした動画って後で編集したり見返したりするのは大変だけど、こうして編集してくれるのは面白い。



 どのくらいAIが賢いかは、いろいろと撮ってみて判断すべし。



 そんなわけで、AQUOS R3のカメラは個性的でよいのだ。画質はいいしAIは賢いし、広角レンズの動画もスマートフォンには似合っているし、動画の撮影中に静止画を撮り放題なのも面白い。どうしてもトレンドやスペックを追いがちな中、これだけの個性を持っているのは評価したい。



 「ハイテクっぽさ」や「本格派カメラっぽさ」よりも親切で簡単で、難しいことはAIさんよろしく、って目指すべき方向の1つかもって思う。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定