ホーム > mixiニュース > トレンド > 炎上防ぐ「失言防止スクール」

社会人の炎上回避法を学ぶ「失言防止スクール」始まる 「自分の中の偏見に気づいていない人、他人を見下す人」は高リスク

151

2019年07月12日 07:10  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

政治家や芸能人など、失言で身を滅ぼす人は多い。今年4月にも桜田五輪担当大臣が、自身の失言が引き金で役職を辞任した。失言は自分自身だけでなく、組織の信頼を損なうことにも繋がる。立場のある人はもちろんだが、一社会人も注意が必要だ。

うぃずあっぷ(東京都目黒区)は、企業や芸能関係者、政治家など対象に、思わぬ失言による炎上を防ぐための「失言防止スクール」を始める。講座はロールプレイングと座学を組み合わせ、1回2時間で完結する。

ロールプレイングでは失言したタレントの謝罪会見を想定し、タレント、所属事務所の担当者、質問する記者役などに分かれて適切な対応を学ぶ。座学では、SNSでの炎上を避けるためのコツも扱う。

「日本人はブラックユーモアに不慣れ。そこで勝負しようとすると自爆する」


同社代表の芝蘭友さんは、失言には「言ってはいけないことを言うパターン」と「言わなくてもいいことを言ってしまうパターン」の2種類あると説明する。特に、「言わなくてもいいことを言ってしまうパターン」は、失言後の謝罪会見で多いという。

「例えば吉本興業の闇営業の件では、芸人らは『反社会的組織だとは知らなかった』などと自己弁護し、それが原因でまた叩かれました。他人への配慮が欠けているパターンとも言い換えられます」

失言しやすい人は、「自分の中に偏見があることに気づいていない人、人を見下す意識が日頃からある人」だ。自分の持つ偏見に気づかないと、ジェンダーに関する失言をしてしまいがちだという。芸人の山里亮太さんと女優の蒼井優さんの結婚で、産婦人科医の宋美玄さんが「子どもの顔が心配」と発言した例はこれにあたる。

また、ブラックユーモアの取扱いも気をつけたいところだ。芝蘭さんは、「ウケを狙いたい、注目を浴びたいという思いで失敗している人が多い。日本人はブラックユーモアが得意でない。そこで何か勝負するとことごとく自爆する」と忠告する。

最近では、元福岡親善大使でタレントの田上真理子さんが、テレビ番組で「福岡愛は嘘だった」「親善大使を辞めることに何の未練もない」などと発言し炎上。田上さんや事務所は、インスタグラムや公式サイトで謝罪する事態になった。

「地名はアイデンティティと結びつきます。本人はブラックユーモアにしたかったんでしょうが、福岡の人たちからすれば『騙されていた』となります。距離感を掴めていなかったのも原因です。こうした失敗は一般の人もやりがちです」

「あの人だったらそう言うよね」と許されるキャラクターを確立する

ユーモアを磨くためには、人間関係の距離感を掴むこと以外に「自分のキャラクター性を確立する」ことも重要だそうだ。その典型的な例がホリエモンこと堀江貴文さんだという。

「彼のようにキャラクターがあると、きっちりファンがつきます。様々な発言に賛否両論が起きますが、つまり、発言に賛成する人も半分程度はいるということです。全く賛成する人がいないのが炎上、失言だと考えています。失言を避けるためには、『あの人だったらそういうこと言うよね』と思われるようなキャラクターを、日頃から見せておくことが大事です」

講座は1回1万円。初回は7月15日で、11日時点で、カメラマンやスタイリスト、子供向け教育事業を行う経営者など8人から申し込みがあるという。今月末に2回目を開催する予定で、受講者らの反応次第では、今後は連続講座にすることも検討している。

このニュースに関するつぶやき

  • 日本人が失言しやすいのは今まで内輪のワンスタンダードでやってきたから。職場には女性が増えて年功序列は崩れ、社会には移民が増えた。
    • イイネ!1
    • コメント 2件
  • 「どや!俺は偏見で見下したるで〜」とか「俺は差別したる!」とかって人はほんの一握り。自覚が無いからこそ問題が根深いのよね。
    • イイネ!46
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(105件)

あなたにおすすめ

ニュース設定