ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 菅田将暉が金属棒で何者かを殴りつける 『タロウのバカ』本予告&メインビジュアル公開

菅田将暉が金属棒で何者かを殴りつける 『タロウのバカ』本予告&メインビジュアル公開

0

2019年07月12日 10:11  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会
(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

 大森立嗣監督最新作『タロウのバカ』より、本予告とメインビジュアルが公開された。


【動画】『タロウのバカ』本予告


 本作は、『日日是好日』『セトウツミ』『さよなら渓谷』などの大森監督のオリジナル脚本による最新作。タロウ、エージ、スギオ、刹那的に生きる3人の少年を描く。生まれてから一度も学校に通ったことがない主人公タロウを、大森監督に抜擢され、本作が俳優デビュー作となる16歳のYOSHIが演じ、やるせない悩みを抱え暴力に走ってしまう少年エージ役で菅田将暉、エージの親友で理性的で臆病な少年スギオ役で仲野太賀が出演する。


 この度公開された本予告では、「生と死の狭間を駆け抜ける 純粋で過激な問題作」のテロップとともに、3人が暴走していくカットが収められている。タロウは女性に拳銃を掴ませ、「撃てよ! 撃てよ!」とわめきちらし、エージは金属棒で何者かを思い切り殴りつける。しかし、どんなに過酷な試練が待ち受けても、3人でいる時だけは笑顔でいられ、心が解放され、自由でいることができた。予告編には、大友良英によるインドの弦楽器シタールで演奏された劇伴が使用されている。


 また、メインビジュアルは、第1弾ティザービジュアルの覆面を外した3人の姿が写し出されている。


(リアルサウンド編集部)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定