ホーム > mixiニュース > コラム > 九星別【マッチングアプリでの失敗】九紫火星は自分のことを盛り過ぎてしまう!

九星別【マッチングアプリでの失敗】九紫火星は自分のことを盛り過ぎてしまう!

0

2019年07月12日 19:31  占いTVニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

占いTVニュース

写真写真

 結婚したいと思っているのに、なかなか出会いがない……そんな恋活・婚活をしたい人の出会いの手段として、マッチングアプリがあります。うまく使えば結婚まで発展しますが、見落としや失敗をしてしまい、トラブルに巻き込まれる人も中にはいるようです。九星別に、マッチングアプリで陥りやすい失敗を紹介します。


▼九星一覧はこちら
 あなたの生まれ年が該当するところが、あなたの九星になります。ただし、1月〜2月の節分の前日までに生まれた人は、前年になります。


★一白水星
1945年・1954年・1963年・1972年・1981年・1990年・1999年・2008年生
★二黒土星
1944年・1953年・1962年・1971年・1980年・1989年・1998年・2007年生
★三碧木星
1943年・1952年・1961年・1970年・1979年・1988年・1997年・2006年生
★四緑木星
1942年・1951年・1960年・1969年・1978年・1987年・1996年・2005年・2014年生
★五黄土星
1941年・1950年・1959年・1968年・1977年・1986年・1995年・2004年・2013年生
★六白金星
1940年・1949年・1958年・1967年・1976年・1985年・1994年・2003年・2012年生
★七赤金星
1948年・1957年・1966年・1975年・1984年・1993年・2002年・2011年生
★八白土星
1947年・1956年・1965年・1974年・1983年・1992年・2001年・2010年生
★九紫火星
1946年・1955年・1964年・1973年・1982年・1991年・2000年・2009年生


■一白水星……ダメ恋愛になりやすい
 一白水星がマッチングアプリで陥りやすいのは、ダメな恋愛をしてしまうこと。知らず知らずのうちに自分が二股相手や不倫相手になっている場合があるようです。もともと流されやすい性格で、甘い言葉や都合のいい条件で誘ってくる相手には弱いのです。写真を見て「この人だ!」と思っても、すぐに「いいね!」やアプローチをしないで相手のプロフィールをよく確認しましょう。また、トークの会話から相手の言動を観察するようにしましょう。


■二黒土星……相手の好みに合わせすぎる
 相手に合わせてしまってばかりで、自分のことは疎かにしがちな二黒土星。マッチングアプリで陥りやすい失敗は、自分の趣味や価値観を主張せず、相手の好みに合わせてしまうこと。年収や顔の好みなど、自分の求めている相手像とある程度マッチングしていれば、好きじゃないものや受け入れられないものも受け入れてしまうのです。アプリでは好みや価値観、趣味などの登録は細かく記入し、トークで自分の思いをしっかり伝えましょう。


■三碧木星……ヤリ逃げやセフレ関係が続いて恋活・婚活が進展しない
 気が早く、恋愛もスピード勝負なところがある三碧木星。マッチングアプリでは、相手のことをよく知らないまま、会う約束を取りつけてしまうようです。陥りやすい失敗は、本格的な恋愛や将来の結婚を求めているのにヤリ逃げされてしまったり、セフレ関係が続いて恋活や婚活が進展しないこと。お付き合いをするつもりのない人とつながらないように、使うアプリを厳選し、綿密にやりとりを行いましょう。


■四緑木星……自分からアプローチできない
 コミュニケーション能力が高く、社交的な四緑木星。モテ要素があるため、マッチングアプリでも「いいね!」がつきやすいようです。しかし、決断力が弱く優柔不断な性格が災いしてか、自分が会いたいと思った人に「いいね!」を押せなかったり、マッチングしてもすぐにトークやメッセージを送れなかったりして出会いを逃してしまう場合が多いようです。「この人だ!」と思ったら、迷わず自分からアプローチをしていきましょう。


■五黄土星……相手に求めるものが多すぎてマッチングしない
 我が道を行き、妥協は絶対に許さない五黄土星。マッチングアプリでも、年収や年齢など、探す相手に強いこだわりをみせます。相手に求めているものが多すぎて条件がマッチングせず、恋活・婚活が進まない失敗をしてしまいやすいようです。そんな五黄土星は、相手に求める条件を絞り、出会いのハードルを下げましょう。マッチング後のトークでも、「付き合ったらこうしたい」といった自己主張を抑えて、相手の会話を楽しむようにしましょう。


■六白金星……勧誘に遭いやすい
 六白金星は真面目で向上心があり、抱く理想も高い人。そのためマッチングアプリでも、お互いに意識を高めあえるパートナーを求めます。そんな六白金星が陥りやすい失敗は、相手の目的が実はネットワークビジネスや宗教の勧誘だった……というもの。勧誘目的の人にとって、真面目に相手の話を聞く六白金星は格好の餌食なのです。勧誘目的の人はすぐに会いたがります。相手から誘われてもすぐに会わず、会話に時間をかけましょう。


■七赤金星……個人情報を書きすぎてしまう
 自己アピールがうまく、誰とでも話したがりな七赤金星。見た目にも華があり、マッチングアプリでは人気者になりやすく、マッチング率も高いようです。そんな七赤金星がアプリでやってしまう失敗は、プロフィールやその日の活動をこと細かく書きすぎてしまうこと。相手に自宅や会社を特定されてしまいやすいようです。マッチングした相手にしつこく追いかけられる可能性があるので、個人情報は書かないようにしましょう。


■八白土星……相手を知る前に、やりとりを断つ
 白黒はっきりつけたがる八白土星。恋愛では、脈ナシとわかるとあっさり諦めたり、進展がみられないパートナーをバッサリ切り捨てるところがあります。マッチングアプリでも、ちょっとの会話のズレや言葉遣いだけで「この人とは合わないな」と思い、すぐにやり取りを断ってしまうようです。相手を深く知る前に、相性を決めつけたり、付き合えるかどうかの判断をしないようにしましょう。相手を知る努力をすれば、いい出会いをつかめるでしょう。


■九紫火星……自分を盛りすぎて失敗
 九紫火星は、一度火がつくと止まらず、やりすぎても気にしない人。マッチングアプリでも、お気に入りの人を見つけると積極的にアプローチしていきます。マッチングのために、プロフィールの内容を盛ったり、写真を加工して綺麗に見せたりもするでしょう。実際に会ったとき、相手に「実物と違う……」と思われ、その後やり取りが途絶えてしまうという失敗が多いようです。いい出会いにつなげるために、自分を盛らずに自然体で勝負しましょう。


 本気で恋愛や結婚を考えているなら、月額会員制のものや、本人確認が必要なアプリなど、信頼度が高そうなものを選んだほうがいいでしょう。また、アプリを通じて相手と会うときにも、トラブル防止のために人気の多い場所を選び、すぐに2人きりになろうとしないように自衛しましょう。
(咲羅紅)


>>NEXT:誕生日で占う【新しい自分になるプチ変化】運命数4の人は普段のメイクを変えてみる!


    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定