ホーム > mixiニュース > トレンド > 闇過ぎるサービス業の労働環境「残業130時間。毎月誰か倒れる」「"修行"という言葉を盾に、従業員を捨て駒のように使う」

闇過ぎるサービス業の労働環境「残業130時間。毎月誰か倒れる」「"修行"という言葉を盾に、従業員を捨て駒のように使う」

5

2019年07月13日 10:10  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

人手不足による長時間労働や低賃金など、サービス業のおかれる状況は厳しい。キャリコネニュース読者からは、「サービス業で味わった苦しみ」が続々と寄せられている。

40代女性は有休を申請しようとしたところ、上司から「忙しい部署だから有給休暇はとらないで」と言われ、却下されてしまった。社内体制を変える努力もせずに、ただ「休むな」とは身勝手だ。勤務先では休まない空気が漂っており、

「現在の部署は5年目ですが、夏休みとして2日休むだけで、有休を取る人は誰もいません」

という。

「毎月、『来月には店つぶすかも』『給料払えるかわからない』と言われ、退職を迫られる」

飲食店経営をする40代男性は、20代前半に働いていた飲食店のブラックな環境を振り返った。

「修行という言葉を盾に、従業員を捨て駒のように使うお店でした。朝5時から深夜23時まで毎日働きました。 表向きは休憩時間がありましたが、仕事量を考えると休めるはずがありません」

月間労働時間は繁忙期には440時間に及び、休日も予約が入れば出勤を命じられた。その際に「手当を出す」と出社を促されたが、嘘だった。その状況を不信に思った男性の親は、労基に連絡。その後、男性が退職の意思を伝えると、 最後の給料は減額で渡された。

30代男性は、名ばかり店長として酷使され続けている。トップからは「売り上げによってはインセンティブを支給する」と言われたが、実際には契約書記載の賃金しか払われない。偽りの提案をして、それまで通りの賃金で働かせようとする悪意を感じる。

「毎月、『来月には店つぶすかも』や『給料払えるかわからない』と言われ、退職を迫られています」

「お店がつぶれちゃうから、来年以降も有休が欲しければ、違う会社を探して」

30代女性は、現在大手コンビニチェーン店で3年間アルバイトとして働いている。有休の申請をオーナーにしたところ、「お店がつぶれちゃうから、来年以降も有休が欲しければ、違う会社を探して」と嫌味を言われた。オーナーは従業員の有休取得に消極的で、

「『有休を使うのは君が初めてだし、他の人間にも有休出すつもりないから内密に』と言われたんです。 ちなみに私の動きを察知してオーナーに『有休が欲しい』と相談したアルバイトさんは『休みが多すぎてあげられない』と断られたそうです」

しかし、そのスタッフは週2日の出勤で、月に数回休む程度。そのため、「休みが多すぎ」とは言えない。女性は「なんとか言いくるめて休ませないようにしたかったのでしょう」と呆れている。

自動車整備士をしていた40代男性は、午前8時に出社し、退社は遅くて午前3時の日々を送っていた。午後5時半〜21時半までしか残業として認めらず、それ以降はサービス残業だった。

「おそらく月間残業時間は130時間を超えていたと思います。そんな環境なので、毎月誰かが倒れていましたね。直後は健康意識が高まったためか20時に退社できますが、しばらく経つと元どおりでした」

キャリコネニュースでは引き続き「ブラック企業体験談」や「年収と貯金に関するアンケート」を募集しています。

このニュースに関するつぶやき

  • パヨクは『アベ政権のせいで労働者は使い捨てにされ暮らしはますます苦しくなる』ってよく言うけど、ブラック企業が蔓延ったのは10年
    • イイネ!5
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定