ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > ノーサイド・ゲーム、あなたの番です、凪のお暇……2019年夏ドラマ主題歌をピックアップ

ノーサイド・ゲーム、あなたの番です、凪のお暇……2019年夏ドラマ主題歌をピックアップ

0

2019年07月14日 01:51  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真リアルサウンド編集部
リアルサウンド編集部

 7月に突入し、夏クールのドラマが続々とスタートしている。そこで本稿では、本クールのドラマ主題歌を改めて紹介したい。


(関連:V6、マンウィズ、高橋一生、エビ中……物語に沿いつつアーティスト個性も押し出したドラマ主題歌


●折坂悠太「朝顔」(『監察医 朝顔』)
 まずは月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)から。同ドラマは、新米法医学者である主人公とベテラン刑事である主人公の父親が遺体の“生きた証”と向き合うヒューマンサスペンスだ。テーマとして「東日本大震災」を掲げたこともあり、8日の放送後には視聴者からの反響も大きかった。その物語に優しく寄り添うのが、主題歌である折坂悠太の「朝顔」。ドラマプロデューサーが折坂の唯一無二の歌に惹かれたことで、今回のタイアップに繋がったそうだ(参照:https://realsound.jp/2019/07/post-385935.html)。


●Cornelius「サウナ好きすぎ」/Tempalay「そなちね」(『サ道』)
 19日放送予定の『サ道』(テレビ東京系)は主題歌にCorneliusの「サウナ好きすぎ」を起用。また、エンディングテーマはTempalayの「そなちね」だ。同ドラマは、伝説のサウナー「蒸しZ」を追って全国を旅するサウナ好きの主人公を描いた物語。この二曲が、ドラマとどのような親和性を生むのか楽しみだ。


●BLUE ENCOUNT「バッドパラドックス」(『ボイス 110緊急指令室』)
 『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系)の主題歌は、BLUE ENCOUNTの「バッドパラドックス」だ。実は、BLUE ENCOUNTが唐沢寿明主演のドラマとタイアップするのは2回目。前回の『THE LAST COP/ラストコップ』(日本テレビ系)に起用された主題歌「LAST HERO」に引き続き、彼らは刑事ドラマをどう彩るのだろうか。


●米津玄師「馬と鹿」(『ノーサイド・ゲーム』)
 男たちのドラマが繰り広げられることでお馴染みの日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)では、ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)の主題歌「Lemon」のヒットが記憶に新しい米津玄師が「馬と鹿」を書き下ろした。7日に放送された第1話では、大泉洋が熱い演技を見せるシーンで主題歌が流れた。ドラマの感動を倍増させる米津の楽曲は、またもやヒットの予感だ。


●あいみょん「真夏の夜の匂いがする」(『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』)
 また、米津と同様に音楽シーンの注目株となっているあいみょんは『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』(TBS系)の主題歌を担当。同ドラマは、石原さとみ演じる主人公がオーナーを務めるフレンチレストランを舞台に繰り広げられるコメディー。YouTubeでは、「クセになる」をテーマに描いた主題歌「真夏の夜の匂いがする」の“very short movie”が公開されており、その再生回数は60万回に迫る勢いだ。


●三浦春馬「Fight for your heart」(『TWO WEEKS』)
 『TWO WEEKS』(関西テレビ)の主題歌「Fight for your heart」を歌うのは、なんと同ドラマで主演も務める三浦春馬だ。放送前から、三浦が一体どんな歌声を披露するのかと世間は注目しているようだ。三浦のほかにも、前クールでは菅田将暉や高橋一生が主題歌を担当していた。最近では俳優が歌手として活躍する機会も増えている。


●手塚翔太「会いたいよ」(『あなたの番です』)
 今最も注目されているドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)でも、主題歌「会いたいよ」は主人公・手塚翔太が歌唱を担当。同ドラマは2クール連続で放送され、前クールの最終回では主人公の妻が交換殺人によって殺された。主題歌はその妻に「会いたい」と乞い願う主人公の気持ちを歌った切ないラブソングだ。


●milet「us」(『偽装不倫』)
 人気コミック原作のドラマには女性アーティストの起用が目立つ。旅行先で出会った運命の人に既婚者だと偽ってしまった女性を主人公にした『偽装不倫』(日本テレビ系)では、主題歌としてmiletが「us」を書き下ろした。同ドラマは『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)などで知られる人気漫画家・東村アキコの作品が原作とあって、世間からの注目度が高い。


●miwa「リブート」(『凪のお暇』)
 また、黒木華主演の『凪のお暇』(TBS系)は、miwaが主題歌を担当。YouTubeで公開中の予告映像で流れる主題歌「リブート」は、miwaの力強い歌声が印象的だ。


●阿部真央「どうしますか、あなたなら」(『これは経費で落ちません!』)
 その他のドラマでも女性シンガーソングライターが活躍。同名小説をドラマ化した『これは経費で落ちません!』(NHK総合)では、阿部真央が主題歌「どうしますか、あなたなら」を書き下ろした。詳細はまだ発表されていないが、共感性の高い歌詞に定評のある彼女は、今回も多部未華子演じる主人公の心情に寄り添った楽曲を作り出すのだろう。


●大原櫻子「I am us」(『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』)
 そして4日から放送されている『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』(テレビ東京)では、ドラマ初主演の大原櫻子がとドラマ主題歌も担当した。主題歌「I am us」は、夏らしい爽やかな楽曲に仕上がっている。


●サカナクション「モス」(『ルパンの娘』)
 今年2月に公開された大ヒット映画『翔んで埼玉』の監督・武内英樹と脚本を務めた徳永友一が再びタッグを組んだドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)で主題歌を担当するのは、サカナクションだ。主題歌「モス」のMVはすでに動画配信サービス・GYAO!で先行配信されており、その前衛的な映像がSNS上で話題になっている。


●東方神起「ミラーズ」(『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』)
 東方神起の新曲「ミラーズ」は、木曜ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』(テレビ朝日系)の主題歌に決定。同ドラマは韓国の大ヒットドラマ『サイン』をリメイクしたもので、権力と闘う法医学者たちを描いたサスペンスだ。「ミラーズ」は、そんな緊張感あふれるドラマをさらに盛り上げるスリリングな楽曲となっているという(参照:https://realsound.jp/2019/07/post-385935.html)。


●Snow Man「Make It Hot」(『簡単なお仕事です。に応募してみた』)
 そして最後にご紹介するのは『簡単なお仕事です。に応募してみた』(日本テレビ系)の主題歌であるSnow Manの「Make It Hot」だ。同ドラマにもSnow Manのメンバー4人が出演。Snow Manは滝沢秀明主演の舞台『滝沢歌舞伎』を中心に活躍していた、ジャニーズJr.内のアイドルグループ。今回がドラマをきっかけに彼らの知名度は益々上がっていくだろう。


 アーティストたちが今回の主題歌で、ドラマの世界観をどのように表現しているのか注目してみよう。(清水 莉子)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定