ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 痩せ体質になる!朝昼晩にとり入れたい「腸活」のコツ

痩せ体質になる!朝昼晩にとり入れたい「腸活」のコツ

2

2019年07月14日 12:00  つやプラ

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

太りやすい、むくみやすいというお悩みをもつ人は、痩せている人がしている習慣を真似して、身体に備わる「老廃物を排出する力」を高めましょう。

朝昼晩のちょっとした習慣で、胃腸の調子がととのい、痩せやすい体質に導かれます。エステティシャンの筆者が、痩せている人がしている習慣を4つご紹介します。

■朝は「白湯(さゆ)」を飲む

インドの伝統医学の”アーユルヴェーダ”では、白湯は胃腸の働きを良くしてくれるといわれています。朝、コップ一杯の白湯を飲んで胃腸の働きを良くしましょう

鍋で沸騰させたコップ一杯の水を冷ましている間に、朝の洗濯物や自分のメイクをすれば時短になるのでつづけやすいですよ。

■日中は「ルイボスティー」でアンチエイジング

ルイボスティーは、”抗酸化作用”の強いお茶といわれています。利尿作用で太る要因となる老廃物を排泄し、さらに活性酸素の除去(抗酸化作用)もしてくれるので、アラフォーの強い味方ですね。

日中は、ルイボスティーを飲んでデトックスしましょう。

■夜は腸活のために「乳酸菌」を

痩せやすい身体づくりには、腸内環境を整えることが大切です。

腸内環境を整えるには”発酵食品”の摂取が欠かせません。「納豆」「キムチ」「ヨーグルト」「麹みそ」「ぬか漬け」などを積極的に摂りましょう。

さらに、毎食「しっかり噛む習慣」をつけることを忘れないでください。よく噛むことで唾液の機能がしっかりと働き、スムーズな消化が期待できます。そうすると胃腸への負担が減り、スムーズに消化・吸収・排泄できる体質に導かれます。

いかがでしたか? ほんの少し習慣を変えるだけで”痩せやすい体質”に近づいていきます。ぜひ、痩せやすい人がしている習慣を真似してみてください。

(エステティシャン/ヘアメイク/着付け師 山田みき調布と横須賀でセルライト&エイジングケアのサロンを営んでいます。「キレイになれる講座」開催。雑誌掲載多数。NHKドラマやエステ国際資格の講師経験有。エステコンテスト3位/着付けコンテスト優勝多数。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定