ホーム > mixiニュース > 海外 > オーストラリア北西沖でM6.6「震源の深さ10km」津波の心配は?

オーストラリア北西沖でM6.6「震源の深さ10km」津波の心配は?

3

2019年07月14日 16:51  ハザードラボ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ハザードラボ

写真揺れが観測された範囲(オーストラリア地球科学機構)
揺れが観測された範囲(オーストラリア地球科学機構)

 米地質調査所(USGS)によると、14日午後2時39分ごろ、オーストラリア北西沖を震源とするマグニチュード(M)6.6の地震が発生した。
 震源地は、西オーストラリア州キンバリー地区の観光地ブルーム(Broome)から西へ203キロ離れたインド洋で、震源の深さは10キロ。

 オーストラリア地球科学機構(GA)はこの影響で西オーストラリア州北部の広い範囲で揺れが観測されたと発表したが、津波の心配はないとしている。震源付近では、この地震の後もM4を上回る余震が2回、M3.8が1回観測されている。

このニュースに関するつぶやき

  • この見出しムカつくね。津波心配無し!って書けよな。オーストラリア北西沖でM6.6「震源の深さ10km」津波心配は? (ハザードラボ - 07/14 16:51)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 東日本大震災以降 環太平洋の地震が多いので 心配です
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定