ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 浮気夫を「許せないけど別れたくない」の無限ループ、ついには浮気夫の方から別れを切り出される 「テレフォン人生相談」先週のハイライト

浮気夫を「許せないけど別れたくない」の無限ループ、ついには浮気夫の方から別れを切り出される 「テレフォン人生相談」先週のハイライト

4

2019年07月15日 10:33  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真「テレフォン人生相談」先週のハイライト。煮え切らない相談者に今井通子もこう言うしかない……。
「テレフォン人生相談」先週のハイライト。煮え切らない相談者に今井通子もこう言うしかない……。

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜 配信)先週のハイライト。



【画像】これまでの「テレフォン人生相談」ハイライト



 家族絡み、特に夫婦関係の相談が多かった先週。今回ピックアップしたのは7月9日(火)放送の今井通子パーソナリティー回。浮気をした夫を責め続けていた結果、夫の方から離婚を切り出されてしまったという相談。



●結局どうしたいのかよく分からない相談者



 相談者は42歳女性。夫は41歳。17歳娘、14歳息子、11歳息子と3人の子どもがいる。



 離婚を切り出されたそもそものきっかけは、夫の浮気が発覚したこと。5〜6年前から仕事帰りがやたらと遅くなり、出張も多くなったことを疑った相談者が浮気調査を依頼したところ、2年前から続いていた浮気が発覚したのだ。



 さらに、それ以前も別の女性と浮気していたようなのだが、そちらは「10回くらい(相手の)マンションに行ったけど、それは浮気じゃないんだ、信じてくれ」とのこと。



 「でもそんなわけないじゃんって思うんだけど……」



 そうでしょうね。



 さて、この浮気をきっかけに相談者は子どもを連れて家を飛び出し、実家近くのアパートで暮らすようになって1年が経つという。



 それで「離婚をしたいけど夫が反対している」という相談ならアドバイスも簡単なのだろうが、相談者はいろいろとややこしい葛藤を抱えているようなのだ。



 自分から「別居する」と言い出したにもかかわらず、



 「それでも離れきらんって分かっときながら、やっぱり別居してしまったという感じです」



 さらに浮気発覚の勢いで、慰謝料や養育費などを決めた公正証書まで作っているのだが、やはり、



 「ひとりでやって行くっていう自信はないのと、やっぱり彼のことが嫌いになれないんですよねぇ……」



 だったら、別居を解消して「やり直す」方向で考えていけばよさそうなものだが、一緒にいたらいたでいろいろと思い出してしまい、「こういう風にウソをついて、そうだったじゃん!」「今回もそうなんじゃない?」などと責め立てることを繰り返してしまっているという。



 この、結局どうしたいのかよく分からない相談者の行動に嫌気が差したのか、夫の方から「1回ちゃんと別れた方がいいんじゃないかね?」と切り出されてしまった。相談者の気持ちとしては別れたくはない、しかし別居は継続しているし、会ったら会ったで責め立ててしまう……。



 そして、一番の問題はコレ。



 「今はもうご主人は浮気していないんですかね?」



 「別れてると思います」



 「何か証拠があるの?」



 相談者は、浮気相手の女性と直接会ったこともあるようだが、その際「彼から別れ話は言われていません」と言われたらしい。しかし夫は「(別れたと)信じて欲しい」と言っているそうだ。



 「それだけですよね、彼を信じるしかないって感じですね。証拠って言われるとないです。だからどうしても信じれなくって『じゃ、GPS付けて』って言ったんだけど、それもダメで」



 ……う〜ん、別れてないんじゃない!?



 「責めないで彼を許す方法があるなら知りたいなっていうのと、どうしたら別れないで済むかなって思っています」



●アナタがどうするかは自分で決めるしかない



 この日のアドバイザーは弁護士の中川潤先生。相談者の悩みは法律以前の問題という感じもするが、うまくまとめてくれるのだろうか!?



 浮気を突き止めて、別居をして、公正証書まで作って、それでも嫌いになれず「やり直そう」としても何だかんだで夫を責め立ててしまって……。



 「そういう自分であることをそのままにしたままね、『だけど彼とやっていく方法がありますか?』って、そらないですよ!」「もう起きたことはいまさら消せないんだから。そのことを責め立てれば、亀裂は深まるだけなんだから。そうすると、アナタ堂々巡りのことをこの先やってくだけの話なんですよ」



 浮気をするタイプの夫であることを踏まえた上で、なおかつ別れたくないというのならば、全て忘れたふりをして腹に収めて一緒に暮らすしかないと指摘する。



 「……ということが出来ないんであれば、アナタ自身の精神衛生上も、別れた方がいいよ?」



 「うーん、なんかぁ〜。どうしてもこう、怒りがカーッと来てしまって……」



 「うん、だから、一方で怒りを持って彼を責めつつ、でもそういうアナタなんだけど『好きなのよね』『一緒にやってよね』って、一緒に夫婦出来るわけないじゃない!」「浮気を許すことが別にいいことだと僕は思ってないですよ。アナタが『別れたくない』と、そっちの道を選択したいんだったら、そうするしかないんです」



 夫の側が浮気を十分に反省し、「やり直そう」と考えている段階で、何かにつけて責め立てられたらキツイのは分かる。本当に別れたくないのなら、全部忘れて許すしかないだろう。



 「アナタが言っておられることは実現しがたいおねだりなんですよ。要するに『昔へ戻りたい』っていう話。何もなかった状態に戻りたいと。戻れないんです。もう起きてしまったことは。そっからどうするかをアナタは考えるしかない」



 ただ、ちょいちょい浮気するタイプの夫が、別居から1年もたって、浮気をしていないとは考えづらいのだが。



 そもそも、別居の原因となった浮気相手とまだ別れていない可能性も高い。結果、浮気相手の方に心を奪われて「1回ちゃんと別れた方がいいんじゃないかね?」なんて言い出したんじゃないかと思ってしまう。



 端から見ると、明らかに別れた方がよさそうな夫。「さっさと別れろ!」と言っちゃうのが一番簡単なアドバイスなんだろうけど、それでも「別れたくない」と相談者が言うのなら、今井通子もこう言うしかない。



 「もう、全然なかったことにして(別居をやめて)普通に生活をする。他のものには譲らないぞって……いうような心持たないと無理だと思いますけどね。で、アナタがどうするかは自分で決めるしかないんですよ」



 若干、相談を放り出した感はあるけど……。



(ねとらぼGirlSide/北村ヂン)


このニュースに関するつぶやき

  • ボクは特殊な性癖と言われます。回ってる扇風機にしか発情しません。回ってる羽根にぶっかけるのが興奮しますね。人に浮気とか時代遅れですね
    • イイネ!2
    • コメント 2件
  • 以前、紙入札の時には移動中に良く聞いてたが、最近は電子化され、どちらか言えば、役所に行く時間も合わなくなって聞いてないが、毎回何気にハードな
    • イイネ!5
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定