ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > さかいゆう、ジャズもポップも…自在に操るステージ【J-WAVE LIVE】

さかいゆう、ジャズもポップも…自在に操るステージ【J-WAVE LIVE】

0

2019年07月15日 14:50  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVE主催のライブイベント「J-WAVE LIVE 20th ANNIVERSARY EDITION」が、7月13日(土)、14日(日)、15日(月)に横浜アリーナにて開催。

音楽シーンの最前線で活躍するJ-WAVEと縁の深い全20組のアーティストが、3日間にわたってアツいライブを繰り広げる。ここでは、13日に登場したさかいゆうのステージの模様をお届けしよう。

J-WAVE LIVEは初出演のさかい。ライブの幕開けは、CMソングとして耳にした人も多いであろう『薔薇とローズ』、メジャーデビューシングルである『ストーリー』。バンドメンバーによる力強いサウンドの中で、さかいゆうの透明感のある声がより際立っていた。

さかいゆう
さかいゆう
懐かしい曲が続いたあとは、今年リリースの『Yu Are Something』から、『Magic Waltz』を披露。目を閉じて歌い上げる声は、繊細でありながらパワーを感じさせる。会場も静まり返り、聴き入っているようだ。


さかいゆう その静寂を打ち破るアップテンポの『桜の闇のシナトラ』は、ジャズの中に和の雰囲気を漂わせたアバンギャルドな一曲。さかいは鍵盤の上で指を弾ませ、バンドメンバーを振り返り、調子を合わせる。ステージで音を楽しむ様子がオーディエンスにも行き渡り、高揚していく気分を代弁するように、さかいは「Yay!」と声を上げた。

さかいゆう
バンドメンバーは、さかいが19歳の頃からの古いメンバーもいるという。気心の知れた仲間だからこそ、複雑なルーツを持つさかいのサウンドを表現できるのだろう。「次は心の中で、『かっけー、さかい、さすが!』と思ってくれたらいいです。僕じゃなくてアレンジをね」と場内を笑わせ、スティーヴィー・ワンダーの『Superstition』をカバー。事前に番組『GOOD NEIGHBORS』(月曜〜木曜13:00〜16:30)でアンケートを取り、リスナーの投票によって同曲の演奏が決まった。観客を飲み込むようなグルーヴ感で、ラストではさかいがジャンプ!

ラストの『君と僕の挽歌』は、亡くなった親友を歌った曲だ。ステージがノスタルジーに沈む。大切な手紙を親友へ、オーディエンスへ、自分へと読むかのように丁寧に歌い上げる。そして「どうもありがとう」とステージにぬくもりを置いていった。

さかいゆう
■セットリスト
01. 薔薇とローズ
02. ストーリー
03. Magic Waltz
04. 桜の闇のシナトラ
05. Superstition
06. 君と僕の挽歌

■開催概要
イベント名:「J-WAVE LIVE 20th ANNIVERSARY EDITION」
日程:2019年7月13日(土)、14日(日)、15日(月・祝)

■オンエア情報
番組名:『J-WAVE SPECIAL J-WAVE LIVE 20th ANNIVERSARY EDITION』(J-WAVE 81.3FM)
放送日時:2019年8月12日(月・祝)21時〜25時
番組名:『ライブ・プレミアム』『smart』(CS放送フジテレビNEXT)
放送日時:2019年9月19日〜2020年7月31日/6回放送)

【出演】

7月13日 出演:(五十音順)
EXILE TAKAHIRO
さかいゆう
SIRUP
スガ シカオ(Acoustic Set)
BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE
フジファブリック
OPENING ACT:ビッケブランカ

7月14日 出演:(五十音順)
AI
大橋トリオ(スペシャルバンドマスター)
KREVA
JUJU
Little Glee Monster
RYUJI IMAICHI
OPENING ACT:リーガルリリー

7月15日 出演:(五十音順)
あいみょん
SHISHAMO
Nulbarich
秦 基博
平井 堅
OPENING ACT:chelmico

会場:横浜アリーナ
主催:J-WAVE

    あなたにおすすめ

    ニュース設定