ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 夏のツヤ肌はどう作る?テカリとは違う「ツヤ肌メイク法」

夏のツヤ肌はどう作る?テカリとは違う「ツヤ肌メイク法」

3

2019年07月15日 20:30  つやプラ

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

ここ数年の人気NO.1ベースメイクは「ツヤ肌」。光をたたえたうるみ肌は、幸せな印象を与えます。

その一方で、「ツヤ肌を夏も楽しみたいけれど、テカリが気になる」という声をよく耳にします。

そこで、美容ライターの筆者が、崩れにくいツヤ肌作りのコツをご紹介します。

■夏のツヤ肌作りは、朝のスキンケアで決まる

湿度も温度も高く、じっとりとした汗をかく季節がやってきました。ツヤっと仕上げたメイクも崩れやすく、鏡を見るたびにため息をついていませんか?

夏の肌は暑さから皮脂の分泌が多くなるパーツと、冷房の影響でかさつくパーツが入り混じっています。ファンデーションがよれて残念な印象にならないように、まずはスキンケアの見直しをしましょう。

顔全体のスキンケア

秋冬用のスキンケアアイテムから、春夏用に切り変えるのには、初夏がちょうど良い季節です。「しっとりタイプ」から「さっぱりタイプ」にチェンジすると、肌が一気に軽やかになります。まだの方は早めに切り替えましょう。

メイクを崩さないためには、化粧水でしっかりと水分をおぎなってから乳液で軽く油分をプラスすることが大切です。乳液は化粧水で与えた水分にフタをする役目があるので、汗ばむ時期にも必要です。忘れずに必ず塗ってくださいね。

Tゾーンのケア方法

化粧水と乳液を塗ったあとのTゾーンを、毛穴をキュッと引き締める「収れん化粧水」でパッティングします。

このひと手間でメイクの仕上がりと、もちが変わってきます。

■テカらせずにツヤをONするには?

スキンケアで肌を整えたら、次はベースメイクです。夏のツヤ肌ポイントは、「涼やかな印象」を残すことです。ツヤはあくまで自然な範囲に留めましょう。

皮脂コントロール系下地を使用

下地を2種類使うのがポイントです。顔全体にはカラー下地やツヤが出るタイプ、Tゾーンには皮脂をコントロールするものを使えば、崩したくない部分がサラッと仕上がります。

ファンデーションの塗り方

ファンデーションはどの種類を使っても、薄く塗ることがポイントです。スキンケアや下地で整えた肌を美しく見せるために、少し物足りないくらいの量で塗ることが大切です。

自然な肌の色が透けて見えることで色っぽさが増します。

ツヤが欲しい部分にのみハイライトを

ツヤをプラスするためにハイライトは必須です。これからの季節にはパウダータイプがおすすめです。

「くすみがちなCゾーン」「目と目の間」「眉の上下」「あご」などの光を集めたい部分にササッとつけましょう。

いかがでしたか? ほんの少しのアイテムとコツでテカリは抑えられます。夏も魅力あふれるツヤ肌で過ごしましょう!

(美容ライター/コスメコンシェルジュ/ナチュラルビューティスタイリスト 稲毛登志子日本化粧品検定1級を取得後、複数のwebメディアで記事を執筆。「女性はいつでも、いつまでも輝き続けられる」をモットーに情報を発信中。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定