ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > シャツの襟は実は種類が豊富!シーンに合わせて着こなそう

シャツの襟は実は種類が豊富!シーンに合わせて着こなそう

0

2019年07月16日 12:10  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl
■主なシャツの襟の種類
数あるシャツの襟の種類から主なものをご紹介します。

・定番のレギュラーカラー

出典:@ sebiroadさん
よく使われる定番のタイプがこのレギュラーカラー。就活などに使われています。迷ったときはレギュラーカラーにすると無難と言われるほどポピュラーなワイシャツです。喉元から襟先の長さが約70〜75mm、襟足の高さは約30〜38mm、開きの角度は約75〜90度とされています。ジャケットを選ばない合わせやすいデザインです。レディースの就活ではこのほか、スキッパーと呼ばれる第1ボタンのない開襟シャツもよく使用されます。

【詳細】他の写真はこちら





・体の大きい人に似合うワイドカラーシャツ

出典:@ sebiroadさん

英国王エドワード8世が好んで着用していたことでも知られるのが、ワイドカラーのシャツです。1920〜40年代の流行に大きなな影響を与えたと言われています。レギユラーカラーより襟羽が少し長く、襟足もやや高め。襟の開きの角度は約100〜120度です。 英国調のスーツに合わせてよく着られます。就活でも着用可能で活躍の場が多いデザインです。体型がガッチリした人や首周りが太目の人に似合い、かっこ良く着こなせます。ネクタイありの方がおすすめですが、ノーネクタイでもきれいに見せてくれる魅力的な襟です。




・首周りをすっきり見せるホリゾンタルカラーシャツ

出典:@ sebiroadさん

ホリゾンタルカラーシャツはカッターウェイとも呼ばれる襟のデザインです。襟は180度くらいまで開き、襟先がほぼ水平になっていることからこのように名づけられました。すっきりとした着こなしに人気が高まっています。ネクタイありでもなしでもかっこ良く着られるタイプです。ネクタイをする場合は、結び目を大きめにするとおしゃれで上品に仕上がります。




・ノーネクタイにもおすすめのボタンダウンシャツ

出典:photoAC

ボタンダウンシャツはワイシャツの襟にボタンがついたデザインで、1900年頃ポロ競技のために作られました。アメリカで人気となり、その後ヨーロッパなどを経て日本にまで人気が広がり今日に至っています。色や柄が豊富でビジネスシーンや普段のおしゃれなど幅広く使えるのが魅力です。ネクタイありはもちろん、ノーネクタイで第1ボタンをはずしてクールビズとして着用するのもおすすめ。




・エレガントに演出してくれるタブカラー

左右の襟をつなぐ小さなひもがついたものをタブカラーと言います。このひもは、ネクタイを締めたとき、襟を固定して形を崩さないために作られました。そのため、タブカラーシャツはネクタイとセットで着るのが基本となります。




・洗練されたおしゃれなスタンドカラー

どんなジャケットにも似合うので1枚は持っていたいスタンドカラー。ノスタルジックな雰囲気が魅力です。戦前は着物の下に着る書生風のスタイルがあり、現在でも知的なイメージを醸し出しています。日本では1980年代に三宅一生のデザインがきっかけで流行しました。




・フォーマルな装いにウイングカラーシャツ

出典:photoAC

ウィングカラーはもっとも格式の高いメンズシャツの襟です。首の後ろの部分が立ち、襟の前は鳥の羽のようになっています。タキシード・モーニング・燕尾服と合わせて着用される、フォーマルな場では欠かせないシャツです。アスコットタイや蝶ネクタイとの相性が抜群。




・細身のファッションにナローショートカラー

ナローショートカラーは襟羽の開き具合が狭いくスリムに見せられるデザインです。基本的にはカジュアルなスタイルに使用されます。そのためビジネスシーンでは使われません。けっこう目立つデザインなので、お友だちとのパーティーで着るのがおすすめ。おしゃれで映えるので注目されるかも。

■シーンに合わせて選ぶ襟の形・着こなし術
シーン別、襟の選び方と着こなし術をご紹介します。

・ホリゾンタルカラー×ネクタイコーデ

出典:@ sebiroadさん

ホリゾンタルカラー(カッタウェイ)には、結び目が大きめのネクタイがおすすめ。ストライプのシャツに紺色のネクタイ、さらにベストと合わせると、おしゃれな大人の男性の魅力を発揮できます。もしホリゾンタルカラーを着るなら、結婚式やパーティーで着てみるといいかもしれませんね。蝶ネクタイとの相性もいいのでぜひ挑戦してみてください。




・ノータイでカジュアルに

ボタンダウンカラーはカジュアルなのでノータイコーデにおすすめ。夏の暑い日には第1ボタンをはずしてすずしげに見せるといいですね。襟先のボタンをとめると襟がしっかりと立つのでカジュアルだけど崩しすぎずかっこ良く見せられます。ビジネスシーンではシンプルな白や水色などのベーシックな色で。プライベートではチェックなどの柄物でおしゃれに着こなしてみてください。




・フォーマルなシーンで活躍

出典:@ sebiroadさん

フォーマルなシーンで着られる襟のデザインは、ウィングカラー・レギュラーカラー・ワイドカラー・セミワイドカラーなどです。ウィングカラーは結婚式で着用され、タキシードや燕尾服とコーディネートされます。就活におすすめなのは、レギュラーカラー・ワイドカラー・セミワイドカラー・ショートポイントカラーなどです。ブラックやグレー、紺色などさまざまな色のジャケットに合わせられます。

■シャツの襟でワンランク上のおしゃれを

ワイシャツにはさまざまな襟の種類がありますね。また、ちょっとしたお手入れで襟をいい状態に保つこともできるのです。レギュラーカラー・ワイドカラー・ホリゾンタルカラーのシャツには、襟をしっかり立たせるためのプラスチックのカラーキーパーがついています。襟をきれいに保つために活用しましょう。シーンやご自身に合った襟のシャツで、フォーマルでも普段用でもおしゃれを楽しんでください。

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定