ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 妊娠線予防クリームは必要?先輩ママたちおすすめのアイテムとは

妊娠線予防クリームは必要?先輩ママたちおすすめのアイテムとは

0

2019年07月16日 12:40  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl
そこで今回は、先輩ママたちがおすすめする実力派の妊娠線予防クリームをご紹介します。プレママさんたちは必見ですよ☆

【詳細】他の写真はこちら

■妊娠線クリームって必要なもの?基本情報をおさらい

出典:photoAC

「妊娠線ってどういうもの?」、「いつから使うのがいいの?」そんな疑問をお持ちの人のため、まずは妊娠線における基本情報について確認してみましょう。

・そもそも妊娠線とはどういうもの?
妊娠線とは、皮膚の奥や真皮などが避けることでできる断裂線のことを言います。これは、赤ちゃんが成長するに伴い、皮膚が急激に伸びることが原因。最も知られているのはお腹にできる妊娠線ですが、太ももやバスト、お尻といった箇所で妊娠線が現れる人も少なくありません。

・予防しないとどうなる?
妊娠中はさまざまな変化が体に現れるものですが、皮膚の油分と水分のバランスが崩れて乾燥肌になりやすいと言われています。そのため、オイルやクリームでしっかり保湿してあげないと、断裂は起こりやすくなってしまうようです。

・できた妊娠線はクリームで消せる?
できてしまった妊娠線は、時間が経過するにつれて少しずつ薄くなってはいくものの、断裂が改善されるわけではないので、完全に消えることはありません。そのため、事前に妊娠線ができないようにしっかりケアすることが大切です。

・妊娠クリームいつから塗る?
妊娠線が現れる時期は人によってさまざま。出産直前にできる人もいれば、妊娠初期のころにできる人もいます。そのため、できるだけ妊娠初期のころから使用するのがおすすめです。妊娠初期はつわりで体調が優れない人もいますが、遅くとも妊娠5カ月ごろまでには使用する方がよいでしょう。

■妊娠線予防クリームの選び方

出典:photoAC

妊娠線予防クリームはさまざまなメーカーから販売されています。選ぶ際にどのようなポイントを重視すればよいのか、ご紹介しましょう。

・クリームとオイル、どちらがおすすめ?
妊娠線ケアアイテムは大きく分けると、クリームタイプとオイルタイプの2種類がありますが、保湿力で比べてみると、オイルの方が高いと言われています。しかし、クリームは水分と油分の量がバランス良く配合されていることから、肌馴染みがよく使いやすいのがメリット。またなかには、クリームとオイルを併用するという人もいるようです。

・妊娠線予防クリームを選ぶポイントとは
妊娠線予防クリームでまず注目したいのは、クリームの伸びのよさ。伸びがよく、使用後もしっとり感が長く続くものを探すとよいでしょう。また、敏感肌の人は無添加の商品を使用するのがおすすめ。普段は大丈夫でも、妊娠をきっかけに肌が敏感となる人も少なくありません。そういった場合は、できるだけ肌にやさしい成分を配合しているものを選ぶことが大切です。そのほか、コストパフォーマンスにも注目しておきたいところ。出産まで毎日使用するものなので、負担なく使い続けられるものを選ぶようにしましょう。

・市販の保湿クリームで代用できる?
普通の市販のクリームであっても、保湿力の高いものであれば、妊娠線予防クリームとして使用することができると言われています。ただ、専用クリームであれば肌や赤ちゃんのことを考えて作られているのが前提ですが、市販のものには有害な成分が含まれているものもあるので、成分内容には注意するようにしましょう。

■妊娠線の予防方法をチェック!

出典:photoAC

妊娠線の予防法として有効な方法にはどんなものがあるのでしょうか。

・保湿ケアで全身をしっかり保湿すること
冒頭でも紹介したように、妊娠線ケアにおいて保湿は重要です。オイルやクリームを使用して、全身をしっかり保湿してあげるようにしましょう。

・マッサージを行って皮膚の柔軟性アップ
皮膚の柔軟性アップのために、オイルやクリームを塗布する際にマッサージも併用して行うとより効果的と言われています。塗り方は、手の平にたっぷり保湿剤をとって、お腹の中心からわき腹の方へ向かってやさしく塗り広げていくようにしましょう。また、お腹が張っているときは、マッサージをすることを避けて下さいね

■先輩ママたちから人気の妊娠線クリーム6選をご紹介
先輩ママたちが「使ってよかった!」という人気の妊娠線予防クリームをご紹介。これから購入を検討しているプレママさんは参考にしてみてくださいね☆

・【Mama&Kids】ナチュラルマーククリーム

出典:@bm.p0512さん

たっぷり大容量の『Mama&Kids(ママ&キッズ)』の「ナチュラルマーククリーム」は、妊娠線予防クリームの定番。スーパーヒアルロン酸をはじめ、コラーゲンやアミノ酸など、保湿成分がたっぷり配合されているので、使用後もしっとり感が持続すると口コミも上々。また、無香料なので、つわりの時期でもにおいを気にせずに使用できるのもうれしいところです。




・【Pigeon】ボディマッサージクリーム

出典:@piyopiyopomさん

ドラッグストアや『西松屋』などでも手に入る『pigeion(ピジョン)』の「ボディマッサージクリーム」は、ボディや太ももなどボディ全身に使用できるのが魅力です。3種のヒアルロン酸に加えて、2種のコラーゲンを配合していて、角質層までしっかり保湿。乾いた肌もしっとりとした柔らかな肌へと導いてくれます。




・【erbaviva】ストレッチマーククリーム

出典:mamagirl2018夏号

『erbaviva(エルバビーバ)』の「ストレッチマーククリーム」は、芸能人や有名モデルの愛用者も多い人気の妊娠線予防クリーム。厳選された素材のみを使用したオーガニック製品で、安全性の高さはお墨付き。そのため、産後も赤ちゃんの保湿クリームとしても役立ってくれます。また、柑橘系のやさしい香りも魅力。使うたびにふんわり香り、リラックスした気持ちになれるでしょう。取り扱いが近隣店舗になり場合は、楽天やAmazonなどの通販を利用してみてください☆




・【NOCOA】アフターボディトリートメントクリーム

出典: ママが使ってよかった妊娠線ケアグッズ♡オイル・クリーム・バーム@seikomaaaさん

『NOCOR(ノコア)』の「アフターボディトリートメントクリーム」は、既にできてしまった妊娠線に働きかけるアイテム。合成界面活性剤やアルコール不使用でオーガニック原料や天然由来成分にこだわり、肌へのやさしさを追求して作られています。そのため、肌が敏感な人たちからも使いやすいと評判です。




・【MAMA BUTTER】フェイス&ボディクリーム

出典:@bm.p0512さん

『MAMA BUTTER(ママバター)』の「フェイス&ボディクリーム」は、ナチュラルシアバター100%で添加物不使用の保湿クリームです。そのため、ボディはもちろん、リップやヘア、フェイスにも使える万能型。手に取ったときは少し固めのテクスチャーですが、肌に乗せるとじゅわっとバターのように溶けて馴染んでくれます。おしゃれな見た目なので、プレゼントとしても喜ばれそうですね。




・【NIVEA】ニベアクリーム

出典:【ALL1,000円以下】肌にもお財布にも優しい鉄板スキンケアアイテム

価格重視の人には、ドラッグストアなど身近な場所安い価格で手に入る『NIVEA(ニベア)』クリームがおすすめ。リーズナブルな価格帯だから、たっぷり使っても気になりません☆そのうえ、スクラワンやホホバオイルなど保湿成分もしっかり配合されているから、しっとり感も持続。コストパフォーマンスに優れたアイテムです。

■妊娠線は事前のケアでしっかり防ごう!

出典:photoAC

できてしまってからではなかなか消えない妊娠線は、事前予防が大切です。お腹の赤ちゃんとのコミュニケーション時間として、話しかけながら保湿すると毎日のケア時間も楽しい時間になるかもしれません。ぜひ、プレママさんはいまから保湿クリームでの妊娠線予防対策をはじめてみてくださいね。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定