ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > つわりをやわらげる飲み物を飲んでマタニティー生活を楽しもう!

つわりをやわらげる飲み物を飲んでマタニティー生活を楽しもう!

0

2019年07月16日 12:40  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl
これからご紹介するつわりに効く飲み物を今すぐ実践して少しでもつわりの辛さから解放されましょう!

【詳細】他の写真はこちら

■少しでも楽になるために!つわりをやわらげるおすすめの飲み物
つわりのことをよく知ってマタニティー生活を乗り越えよう!
・そもそもつわりとは一体なに?

出典:photoAC

つわりとは妊娠中に起こる不快症状です。原因ははっきりと解明されていませんが、ホルモンバランスの乱れが関係していると言われています。症状や程度にはとても個人差があり、代表的な例としては吐き気、嘔吐、食欲不振,胃もたれ、飲み物や食べ物に対する嗜好の変化などがあります。



・つわりはいつから始まっていつ終わるの?


出典:photoAC

一般的につわりが始まる時期は妊娠5〜6週目からです。早い人だと妊娠が判明してすぐの4週目頃からつわりの症状を感じることも。つわりのピークは妊娠3、4ヵ月。安定期に入った6、7カ月頃になるとつわりが終わったという人が多いようです。つわりが全くない人もいれば、出産するまで続くという人もいて個人差が大きいようです。



・つわりで飲み物も飲みにくくなるの?

食べ物が食べられなくなったという人は多いですが、飲み物まで受けつれなくなる人もいます。食べ物よりも飲み物が飲めない方が辛いですよね。脱水症状を引き起こしたり、最悪の場合入院になってしまうケースもあります。



・つわりをやわらげる飲み物を見つけよう

出典:photoAC

冷蔵庫でキンキンに冷たくして飲んだら飲めたという人もいれば、ホットにしたら飲みやすかったという人もいてつわり対策は人それぞれ。ぜひ自分にあった改善方法をみつけてくださいね。



・どうしても飲めないときは?


出典:photoAC

脱水症状になる前に病院で点滴を打ってもらうこともできるので、心配な方は早めに担当医に相談すると良いでしょう。

■つわりでお悩みの妊婦さんにおすすめの飲み物
吐き気をやわらげる、吐き気を抑える飲み物のおすすめ3選をご紹介します。
・爽快感が味わえる!すっきり炭酸水

出典:photoAC

普通の水は飲めないけど、炭酸水なら飲めるという人も多いようです。レモンなどを絞ると、さらに飲みやすくなりますよ。ただし、ジンジャエールやコーラなどの炭酸飲料には糖分が多く含まれているので飲みすぎには注意が必要です。



・吐き気がつらいときにはココアを飲んでみよう

出典:photoAC

ココアには吐き気を抑えるビタミンB6が含まれています。また、貧血を予防する鉄分や便秘を改善する食物繊維も摂取できてメリットがたくさん。



・冷え性の方におすすめ!体を温めてくれる生姜湯

出典:photoAC

生姜には吐き気を抑えるショウガオールが含まれています。生姜湯は手軽にショウガを摂取できるおすすめの飲み方です。お砂糖やハチミツをいれてもおいしいですよ。

■手作りで安心、おいしい!つわりに効くドリンクレシピ
自分に合ったドリンクをアレンジして作ってみよう!
・栄養満点!飲む点滴「甘酒スムージー」


出典:photoAC ※画像はイメージです。

【材料】(1人分)・甘酒(ストレート)125ml・キウイ 1/2・ハチミツ お好み【作り方】 ミキサーに材料を全て入れ、混ぜるだけで完成!果物をつわりのときに食べやすい苺やバナナにしてもおいしそうですね。


・満腹感が得られるやみつきラッシー


出典:photoAC ※画像はイメージです。

【材料】(1人分)・牛乳250ml・ヨーグルト250g(無糖プレーン)・砂糖大さじ2・レモン果汁小さじ2【作り方】コップに材料を全て入れ、マドラーで混ぜるだけで完成!混ぜるだけではムラがでるので、ミキサーを使うとなめらかな口触りでさらにおいしくできますよ。

■つわり中に注意すべき飲み物
お腹の中にいる赤ちゃんのためにぜひ知っておこう!
・妊婦さんが控えるべきカフェインが含まれるコーヒー

出典:photoAC

カフェインを摂取しすぎるとよくない理由は、流産や未熟児の赤ちゃんが生まれるリスクが高くなると言われているからです。1日100mg以内の摂取量であれば、ほとんど問題はないそうですが、やはり気になってしまいますよね。今の時代はおいしいカフェインレスコーヒーがたくさん売られていますので、どうしても飲みたいという方は探してみてくださいね。



・赤ちゃんのために我慢が必要なアルコール

出典:photoAC

妊娠中の飲酒はおすすめできません。お母さんの体内に入ったお酒が胎盤を通じて直接赤ちゃんに届いてしまうからです。胎児の場合、肝臓機能が未発達なのでうまくアルコールを分解できず、健康にさまざまな影響を及ぼしてしまいます。妊娠中の飲酒はやめておきましょう。

■自分に合ったつわり対策をみつけて、マタニティー生活を乗り越えよう!
妊娠中は赤ちゃんを誰よりも一番身近に感じられる貴重な時間です。しかし、急激なカラダの変化に誰もが戸惑ってしまうと思います。ストレスはよくないので、自分の好きな飲み物を準備してリラックスできる時間を作ってみてくださいね。

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定