ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 『アニ×パラ』第7弾は『弱虫ペダル』×パラサイクリング

『アニ×パラ』第7弾は『弱虫ペダル』×パラサイクリング

1

2019年07月16日 13:10  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『アニ×パラ〜あなたのヒーローは誰ですか〜』第7弾は「パラサイクリング×弱虫ペダル」(C)渡辺航(秋田書店)/NHK
『アニ×パラ〜あなたのヒーローは誰ですか〜』第7弾は「パラサイクリング×弱虫ペダル」(C)渡辺航(秋田書店)/NHK
 2020年に東京パラリンピックを控え、アニメでパラアスリートのオリジナルストーリーを描く『アニ×パラ〜あなたのヒーローは誰ですか〜』。著名な漫画家とアニメ監督たちが一緒になって生み出す魅力的なキャラクターと豊かな物語で、パラスポーツをもっと身近に、もっと楽しく知ってもらうプロジェクトの第7弾「パラサイクリング×弱虫ペダル」が発表された。初回放送は、NHK・BS1で20日(後5:45〜)。

【写真】『アニ×パラ』第7弾「パラサイクリング×弱虫ペダル」声優陣

 第7弾は、渡辺航氏原作の『弱虫ペダル』の主人公・小野田坂道が、実在のパラサイクリングの選手との出会いから始まるオリジナルストーリー。合宿にやってきた坂道たち総北高校自転車競技部のメンバー。ロードで練習をしていた坂道は、片足でペダリングする選手と出会う。それはパラリンピアンの川本翔大選手だった。坂道が初めて目にするパラサイクリングとは!?

 パラサイクリングは、一般の自転車競技と同様にロードレースとトラックレースがあり、タイムや着順を競う。スピード感や見事なペダリングが見どころ。選手は障害の種類により、使用する自転車が異なる。切断、機能障害などの選手は通常の二輪自転車を使用。その他にも、三輪自転車、二人乗りタンデム自転車、手でペダルをこいで走るハンドバイクがある。

 川本選手は広島県出身。生後間もなく病気のため左足を切断する。東京パラリンピックに向けたアスリート発掘イベントでパラサイクリングを知り、競技を始めて8ヶ月で出場したリオ大会で8位入賞。2020年に向け、さらなる飛躍をめざす期待の若手選手だ。

 声優陣は坂道役の山下大輝、今泉役の鳥海浩輔、鳴子役の福島潤といったおなじみの顔ぶれに加え、パラリンピアン・川本選手を小野友樹が演じる。

 原作者の渡辺氏は「2020年パラリンピックにこういう形で参加、協力できることを大変うれしく思っています。自転車競技は体力と頭脳と精神力のスポーツです。チャンスはいつ来るかわからない、でも努力した人の前にしか来ない。人生と同じだと思います。だから面白いんですよね! 2020年の大会を楽しみにしています。選手のみなさん頑張ってください!観戦するみなさん応援して盛り上げましょう!」とメッセージを送っている。

 テーマ曲を担当するのは、2008年名古屋で結成され、15年4月にメジャーデビューした4ピースロックバンド・04 Limited Sazabys。ボーカル・GENのハイトーンボイスから繰り出される疾走感あふれる楽曲と、ライブパフォーマンスが魅力。今回のテーマ曲には、壁にぶつかりながらも道を探し、未来に向かう人たちへのエールが込められている。テーマ曲をフルに生かした「テーマ曲版」は8月4日から放送予定。その後もBS1、総合、Eテレで随時放送される。

■渋谷で「アニ×パラ」特別展開催

 東京・渋谷ヒカリエで開催される『Nスポ!2019』(7月20日〜24日)の一環として、「アニ×パラ」特別企画“アニメで知る「パラスポーツ」展”を開催。アニ×パラの原作者や出演者、テーマ曲アーティストなどから寄せられた直筆メッセージを展示。さらに秘蔵の絵コンテやキャラクターデザインなどを通して、制作の舞台裏なども紹介する。

■初回放送以降、アニメ全編は番組ホームページに掲載
http://nhk.jp/anipara

    あなたにおすすめ

    オススメゲーム

    ニュース設定