ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > スタバのコーヒー豆は買ったことある?自宅でスタバの味を楽しむには

スタバのコーヒー豆は買ったことある?自宅でスタバの味を楽しむには

0

2019年07月16日 16:00  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl

スタバのコーヒー豆の人気の秘密や豆の種類、買い方などをご紹介します。早速見ていきましょう!

【詳細】他の写真はこちら



■スタバのコーヒー豆が人気な理由は?

出典:@pechidai_starbucksさん

スタバのコーヒー豆はなぜ人気なのでしょうか?その理由に迫ってみました。

・豆の産地からローストレベルに至るまでとにかく種類が多い
スタバのコーヒー豆は、とにかく種類が豊富です。日本生まれのコーヒーチェーン店『ドトールコーヒー』のオリジナルコーヒー豆は約15種類ですが、スタバのコーヒー豆は定番16種類に加え、季節のブレンド豆や産地にこだわった豆など常時買えない豆まで含めると30種類にもなるのです。

・自宅でスタバの味がリーズナブルに楽しめる
コーヒー豆は1袋250g入りで約1,000円〜1,300円。1袋で25杯分のコーヒーを飲むことができます。一方、店頭で「ドリップコーヒー」を注文すると1杯約300〜400円。ドリップコーヒー4杯分に相当する値段で25杯ものコーヒーが飲めるのです。豆を買って自宅で入れれば、驚くほど安くスタバの味を楽めるということが分かりますよね!豆を何種類か常備して日替わりで飲めば、店舗で飲むドリップコーヒーと同じような気分を味わうこともできそうですね。




・カフェインが飲めない人向けにデカフェの豆も置いてある

出典:@chii_753さん

カフェインが苦手な人や、妊婦、授乳中のママにもおすすめなのが、スタバのデカフェコーヒー豆「ディカフェハウスブレンド」。カフェインを99%カットしながらも、定番の味「ハウスブレンド」の香りや風味をそのままに楽しむことができます。

■スタバのコーヒー豆の種類にはどんなものがある?

出典:筆者撮影

スタバのコーヒー豆は、大きく3つのローストレベルで分類されており、パッケージも分かりやすく色分けされています。ローストレベルとは豆の焙煎具合のことで、浅煎り、中煎り、深煎りの3段階から豆の品種に合う焙煎具合を決めているのだそう。ここからは、日本で販売されている定番の16種類の豆をローストレベル別に見ていきましょう。




・浅煎り“スターバックス®ブロンドロースト”2種

出典:@harenohi_117さん

軽やかで飲みやすい風味が特徴。パッケージカラーは黄色。スターバックスウィローブレンド®スターバックスライトノートブレンド®




・中煎り”スターバックス®ミディアムロースト”9種

出典:@harenohi_117さん

風味豊かでバランスのとれたまろやかな味。パッケージカラーは茶色。ブレックファーストブレンドケニアパイクプレイス®ローストグアテマラアンティグアエチオピアハウスブレンドディカフェハウスブレンドコロンビアTOKYOロースト

・深煎り“スターバックス®ダークロースト”5種
深みと力強さのあるしっかりとした風味。パッケージカラーは紫色。スマトラコモドドラゴンブレンド®カフェベロナ®エスプレッソローストフェアトレードイタリアンローストフレンチロースト

■スタバのコーヒー豆はどこで販売されているの?
スタバのコーヒー豆はどこで手に入れることができるのでしょうか。

・スタバの店舗なら豆の種類が豊富

出典:@pechidai_starbucksさん

スタバの店舗では豆の種類が豊富にそろっています。スタッフに相談しながら豆を選ぶことも可能なので、まずはスタバの店舗で好みの豆を探してみましょう。

・大容量でお得感を重視するならコストコ
「Costco(コストコ)」でもスタバの豆を買うことができます。定番から限定商品まで数種類あり、豆や粉など状態もさまざま。1kg近い大容量サイズが主で、同じ種類の豆でもスタバ店舗より割安に買うことが可能です。コストコの自社ブランド『KIRKLAND Signature(カークランドシグネチャー)』にもスタバとコラボしたコーヒー豆があります。そのコスパの高さは、コストコのコーヒー豆の人気商品ランキングでも上位になるほど定評があるのだそう!コーヒーの消費量が多い人にはコストコで購入するのもおすすめの方法と言えますね。

・スーパーでも取り扱っている店舗がある
スタバの豆はスーパーでも扱っている場合があります。スーパーに並ぶのは、ライトノートブレンドやハウスブレンド、カフェベロナなど各ローストレベルの中から厳選した数種類の豆とデカフェ豆のディカフェハウスブレンド。スタバ店舗にある250gサイズよりも少ない家庭用サイズの場合が多いようです。コーヒー豆売り場に置いてあるのでぜひチェックしてみて下さいね!

■スタバの店舗ではどうやってコーヒー豆を買うの?
ここからはスタバの店舗でのコーヒー豆の買い方を説明します。

出典:photoAC ※写真はイメージです


・まずは買う豆を決定!悩んだらスタッフに相談してもOK
スタバ店舗でコーヒー豆を買うメリットは豆を熟知したスタッフに相談できること。スタバの豆を初めて買う人や、新しい豆を試してみたい人は迷わず相談するのが◎すでに買う豆を決めている人はそのままレジに進みましょう。

・豆を選んだらレジで購入する
豆を選んだらレジで通常どおりに会計します。豆の種類が多いので、間違いのないようきちんと確認して下さいね。

・豆を挽いてほしい場合はスタッフに伝えれば対応してくれる
自宅にミルやグラインダーなどの豆を挽く器具がない場合は、スタッフにお願いすれば店内で挽いてもらうことが可能。スタバでは挽き具合を1〜6番に分類しています。初めて挽いてもらうときに何番がよいか分からない場合は、家にある抽出器具の種類を伝えましょう。スタッフが最適な番号を選んで挽いてくれるので、2回目以降は同じ番号でお願いするとスムーズに買うことができます。

■豆を買ったら実際にコーヒーを入れてみよう!

出典:photoAC ※写真はイメージです

買った豆で早速コーヒーを入れてみましょう。ここでは誰でも手軽にできるペーパードリップ式にの入れ方に絞ってご説明します。




・ぺーパードリップでコーヒーを入れるのに必要なものは?

出典:@harenohi_117さん

まず挽いた状態のコーヒー豆と沸騰したてのお湯を準備しましょう。豆を挽いていなければ、ミルやグラインダーが必要になります。ハンドドリップする際に必要なものは、ドリッパー、ペーパーフィルター、抽出した液体を受けるサーバーとドリップ用のポットです。専用のポットでなくてもドリップは可能ですが、おいしいコーヒーを入れるためにはそろえた方が◎また、電動のコーヒーメーカーで数人分を一度に入れる場合は、人数に対応したペーパーフィルターを用意しておきましょう。

・1杯どれくらいの値段で飲めるの?
スタバの味を自宅で楽しむには1杯に10gのコーヒー豆を使うことが推奨されています。スタバ店舗で買った豆の値段から換算すると、なんと1杯約50円!コストコなどの大容量タイプを購入すれば、もっと安くスタバの味を楽しむことも♡

■スタバのコーヒー豆の魅力は伝わった?自宅でスタバの味を堪能しよう

出典:photoAC ※写真はイメージです

スタバのコーヒー豆を買って自宅で入れることができれば、スタバと同じ味を好きなだけ堪能できます。スタバでコーヒーを飲むのが日課だという人なら、わざわざ店舗に行くことなくリーズナブルにスタバの味を楽しめますよね!気になる人は、まずはスタバの店舗に行ってお気に入りの豆を探してみて下さいね!

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定