ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > チェルシー来日! プレミアの強豪相手に川崎Fが腕試し!!

チェルシー来日! プレミアの強豪相手に川崎Fが腕試し!!

3

2019年07月16日 18:52  チケットぴあ

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

チケットぴあ

写真(写真左より)川崎フロンターレ・小林悠、鬼木達監督、チェルシーFC・フランク・ランパード監督、マテオ・コヴァチッチ
(写真左より)川崎フロンターレ・小林悠、鬼木達監督、チェルシーFC・フランク・ランパード監督、マテオ・コヴァチッチ
7月16日、『明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019』の記者会見が行われた。記者会見にはチェルシーFCのフランク・ランパード監督、クロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチ、川崎フロンターレの鬼木達監督、FW小林悠が出席。次のように意気込みを語った。

「チェルシーという素晴らしいチームと対戦できることを楽しみにしている。自分も選手もサポーターも楽しめるゲーム、魅せられるゲームをしたい」(鬼木監督)
「また日本に来られてうれしく思う。金曜日の試合はいいチームと競技性の高いゲームになることだろう。楽しみにしている」(ランパード監督)
「チェルシーという素晴らしいチームとの対戦をすごく楽しみにしている。今自分たちの力がどれぐらいか試せる相手。やるからには勝ちたい。チーム一丸となって戦いたい」(小林)
「金曜日のゲームは来季の準備としても大事。いいゲームをしたい」(コヴァチッチ)

『明治安田生命J1リーグ』V2王者の川崎Fとアウェイで戦う意義を問われたチェルシーのふたりは、こう答えた。

「準備段階として重要。チームが集って1週間、この段階でのチャレンジになる。自分たちは何ができるかチャレンジできる。『プレミアリーグ』でも『UEFAチャンピオンズリーグ』でもさまざまなチームがいる。色んなスタイルのチームと戦うことは重要」(ランパード監督)
「日本のファンの前で偉大なチームと戦うことは大事。シーズンへの準備としても重要」(コヴァチッチ)

7月14日、『明治安田生命J1リーグ』第19節・FC東京戦に3-0で快勝し、ベストタイミングでチェルシー戦に臨む意味を問われた川崎Fのふたりは、このように答えた。

「先日本当にいいゲームができた。だからこそ、自分たちのプレーがどれだけ通用するか試したい。見てくれるファンのために自分たちで主導権を握りたい」(鬼木監督)
「チェルシーは自分たちの目指すサッカーと似ているところがあるので、どれだけできるか、ぶつけることで力量がわかる。戦うことでチーム、個人の成長につながると思う」(小林)

マウリツィオ・サッリ前監督から受け継ぐ点、自らの色に変える点について質問されると、ランパード監督は次のように返した。

「去年いいシーズンを送ったが、私は後ろを振り返らない。私が求めるサッカーはエネルギッシュでスピーディなサッカー。ボールを失ったらすぐに奪い返し、スピーディに攻め、勝利するために戦う」

『明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019』川崎F×チェルシーは7月19日(金)・日産スタジアムにてキックオフ。チケット発売中。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定