ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 深田恭子主演『ルパンの娘』第2話「キャラが大渋滞」と話題の家族が対面!

深田恭子主演『ルパンの娘』第2話「キャラが大渋滞」と話題の家族が対面!

1

2019年07月17日 05:11  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

深田恭子が主演を務める木曜劇場『ルパンの娘』(フジテレビ系、毎週木曜22:00〜)の第2話が、7月18日に放送される。

本作は、横関大の同名小説を原作に、泥棒一家の娘である華(深田)と、警察一家の息子・和馬(瀬戸康史)との決して許されない恋愛を描くラブコメディ。華は図書館司書として働いているが、実は泥棒一家“Lの一族”の娘。家業を継ぐことを拒んでいるが、警察として窮地に陥ってしまう和馬を救うため葛藤しながらも、ついつい一家の泥棒の手助けをしてしまう。その際に華は“泥棒スーツ”を着用するが、体にぴったりフィットするデザインが「セクシーすぎる」と話題を集めている。

初回放送時は「#ルパンの娘」が、ツイッターの世界トレンド入りするほどの盛り上がりを見せていた本作。SNS上では泥棒スーツを着用した深田のセクシーさを絶賛する声のほかにも、「キャラが大渋滞でツッコミが追いつかなくて、面白い」「小沢真珠さま、麿赤兒さんの使い方が上手過ぎ」「栗原類のタイピングシーンすこ」などと、深田、瀬戸以外のキャラが濃すぎるキャストを絶賛する声も寄せられていた。

<第2話あらすじ>
三雲華(深田)は泥棒一家“Lの一族”の娘であることに思い悩んでいる。なぜなら、恋人の桜庭和馬(瀬戸)は警察一家の息子だからだ。和馬の家族と自分の家族を会わせるなど、華にとってはもってのほか。そんな華の願いもむなしく、和馬が母の美佐子(マルシア)、父の典和(信太昌之)、元警察犬のドンまで連れて三雲家にあいさつに来てしまう。玄関に入った美佐子と典和は、警察官の嗅覚でいろいろと探り始め、華は気が気でない。幸い、ダミーの家に尊(渡部篤郎)、悦子(小沢真珠)たちの姿がなく華は胸を撫で下ろす。ところが、尊たちが秘密の通路からやって来てしまった。

図らずも両家の親たちの顔合わせになってしまい、華は和馬たちの職業を尊たちにバレないようにしようと必死。尊たちは泥棒とは言わないが、おかしな職業を作り上げているので、やはりハラハラしっぱなしの華。後から現れたマツ(どんぐり)は、尊と一緒に公務員批判を繰り広げ始める。両家は睨み合いになってしまうが、意外なことで尊と典和が意気投合。別々の高校に在学していた時に、野球部で試合をしていたのだ。

とりあえずホッとする華だが、美佐子は典和とは違っていた。後日、華は美佐子から和馬と別れて欲しいと言われてしまう。やはり和馬と別れた方が良いのかと華は悩む。そのころ、和馬はアポ電強盗事件を担当。一方、三雲家は、ある会社社長が所有する名画を盗む計画をしていた。

このニュースに関するつぶやき

  • 『ルパンの娘』を視て、小沢真珠さんの存在感あふれる演技に引き込まれました。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定