ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 娘が1人で学校行けず、母悩み

子どもが1人で学校に行けず母が1日中付き添い。このまま付き添い続けていい?

306

2019年07月17日 09:01  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ


小学校入学や新学期開始、あるいは長期のお休み明けなどに、「学校に行きたくない」という気持ちになるお子さんは、少なくないのではないでしょうか。一時的なことならまだしも何週間、何か月も続くのであれば、親は先が見えず途方にくれてしまいますよね。

小学1年生のお母さんから、お疲れが垣間見えるかのようなお悩みが寄せられました。
『今年小学校入学した娘が1人で学校行けない。「でもお母さんが一緒なら行ける」と言うのから始まり、最初は私も登校班に着いて下駄箱までの日だったり、校門までの日だったりしてついて行ってました。ゴールデンウィーク明けから教室もお母さんがいないと入れないとなり担任に相談したところ「じゃあお母さんも毎日娘さんの隣にいてください」と言われ、GW明けから毎日1日中、学校にいます。さすがに疲れてきました』
疲れたけれど、ここで自分が無理に行かなくなれば娘さんはまた行き渋りにならないか、ひいては登校拒否になるのではと投稿者さんは悩んでいるそうです。

決して甘えではない、学校行き渋り体験談。仕事を辞めた母まで



もしかすると投稿者さんと同じような悩みを持つ人は珍しくないのでしょうか。お母さんと一緒に学校に行く子どもを見た、体験したというコメントが寄せられました。
『うちの学校にもいたんだけど、お母さん毎日一緒に授業受けて、給食の時間に帰って、また来て授業受けてって続けていた。そのうち1人で行けるようになったよ』
『子どものクラスにいるよ、3人姉妹の真ん中の子が親と一緒じゃないと嫌だって。どうにかしようと学校と家庭と連携してるけど今だに無理みたい。そのお母さんは正社員で働いていたけど仕事辞めておばあちゃんも手伝いにきて本当大変だと思うよ』
『うちの学校でも同じ子いるよ。お母さんがいないと泣いちゃうしダメなんだって。うちの子が同じ学校なら毎日お誘いに行って一緒に登校させてあげたい。じゃないと、お母さん本当に大変だよね』
『クラスに1日中いるお母さんもいるよ。大変だけど、学校もお母さんも大丈夫なら付き添えばいいし、まずは学校に行ければいいじゃない』
辛抱強く子どもに寄り添い続けたお母さんたち。中には仕事を辞めてまで寄り添った人もいました。
『我が家の娘も小2から、母子同伴登校。廊下で2人で過ごしたよ。小2から卒業まで教室には入れず廊下で過ごした。中学入学式から普通に参加して、今では部活もやって、教室にも入っている。分離不安障害だったり、HSCだったり。いろいろ調べたよ』
こちらはお母さんご自身の経験談です。卒業まで続いたのだとか。相当悩まれて今があることでしょう。
『姪っ子が2年でそんな感じだった。その時はクラスが荒れていて嫌だったみたい。お母さんは子どもがもう大丈夫って言うまで付き添っていたよ』
『そういえば、先生が怖いって子もいた。幼稚園では穏やか〜な先生ばかりだったから、入学していきなり中年男性の先生で厳しかったのかなぁ』
こちらは理由が明確なケース。環境の変化が劇的だと、子どもの心がついていかないこともあるのですね。
『友達が、子どもがお母さんが一緒じゃないと学校に行けないし、「帰る」と言うと子どもが泣きじゃくるので、困っていた。ある日、下のお子さんの行事のためにどうしても帰らないといけないことがあったとき、門に立ってた校長先生が「じゃあ先生と一緒に行こう」と、校長が一緒に授業を受けてくれたらしい。それから少しマシになってその後は1人でも大丈夫になったんだって。結構なマンモス校のため、先生の数が多いから成り立ったんだと思う。それとこの校長はいい人だと有名だった』
先生がきっかけで立ち直ったケースもありました。行き渋りは、理屈で解決できるとは限らないのですね。

今は子どもに寄り添い、そして徐々に離れてみては?アドバイスと励まし



先が見えない投稿者さんへ、「寄り添い続けてみては」と励ましの言葉が寄せられました。
『時間が許す限りは、大変だけど、付き合ってあげたらいいな。今は、とにかく寄り添ってあげるのが1番じゃないかな。お母さんも大変だけど、きっと気持ちは伝わってお子さんも成長できると思うよ』
『仲の良いお友達ができたら変わるかもしれないけど、登下校はまだしも、授業中や休み時間にもお母さんがいたら、お友達もできにくいかもね』
『毎日はさすがにきつくなるよね。今日はお昼までね。とか、今日は2時間目までね。って感じでゆっくりゆっくり時間減らすのはどう??』
『1週間単位くらいで今週は給食まで、次は何時間まで、教室まで、靴箱まで、門までってやっていくとかは?』
クラスメイト側からすれば、親と一緒にいる子に話しかけづらくなることもあるかもしれません。親が離れていても見守っていてくれると思うから安心できるのか、はたまたお友達がいるから学校が安心できる場所となるのか……。お子さんがどう感じるかは親にも把握しづらいところもあるかもしれませんが、少なくとも親が離れるときは来ると心得ておくとよさそうです。
『1人で登校するのが怖いのか、クラスに苦手な子がいるのか。登校してクラスの子と遊べるし活動にも参加できているなら、少しずつ離れていくようにした方がいいと思うけど。一緒に付き添って学校の様子を見て、楽しくなさそうとか、クラスに馴染めていないようだとか、意地悪してくる子がいる感じなのか、先生に詳しく聞いてみて、対応を一緒に考えてもらった方がいいかも』
『何か怖いことや不安になることがあったのかな。お子さんにとって、学校は安心できる場所ではないんだろうね。甘えだ甘やかしだとか、ここではいろいろ言われるけど、厳しく突き放した方がいいのか、とことん付き合ってあげたほうがいいのかは、お子さん自身を見て判断してね。幸い理解ある先生みたいだから。夏休みに面談相談してみたら?』
小学校低学年の語彙力では、何がイヤなのか、言葉で表しにくいこともあるようです。
(参考:茂木健一郎×小幡和輝:「学校に行きたくない」子どもに対する“親”としての選択肢)
まだまだ親が状況を把握し子どもの気持ちを類推する機会がありそうですね。
『うちの子も1年生の時、1人で登校できませんでした。一緒に学校まで行き、先生に引き渡して泣き叫ぶの日々でした。今は2年になり1人で登校しています。きっかけはいろんなことを経験して自信がついたからだと思います。甘えとか勝手なことを言う人もいますが、行けないものはいけないので、あたたかく見守ってあげるのが1番だと思います。今は大変だと思いますが、がんばってください』
時が来るまで、子どもの成長を見守る。これは簡単なようで、親としてはただただ難しいものですね……。先が見えない毎日を過ごした経験者の言葉は、今悩む人の励みになるのではないでしょうか。

寄り添い続けた日々が無駄じゃなかったと、投稿者さんが思える日が来ることを願っています。

文・しらたまよ 編集・しのむ

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 学校に行きたくなければいかんでもいい。変わりに自分で学ぶ事を教える。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 子どもの不安を甘くみていると将来メンタル病むことが多いからできる限り対応したほうがいいと思う。
    • イイネ!193
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(182件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定