ホーム > mixiニュース > 海外 > 米大統領、閣議で移民制度改革・国境警備強化法案を公表=高官

米大統領、閣議で移民制度改革・国境警備強化法案を公表=高官

1

2019年07月17日 10:50  ロイター

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[ワシントン 16日 ロイター] - トランプ米大統領は16日、国境警備の強化と移民制度改革に向けた法案を閣議で示した。移民制度改革では、移民の能力や功績に基づき受け入れを決める「メリットベース」を採用するという。政権高官が匿名を条件に明らかにした。


高官は、法案を議会に提出する時期については言及しなかった。


大統領は16日、共和党のマコネル上院院内総務、マッカーシー下院院内総務と会い、法案の詳細と今後の計画を話し合うという。


高官は、共和党内の意見対立で移民改革が頓挫した経緯を引き合いに出し、「この法案を巡り、共和党内の意見をできるだけまとめることを目指す」と発言。「両院内総務が同法案を採決にかけることを望むかどうか、打診してみる。少なくとも民主党は、共和党の一致した見解を知ることになるだろう」と語った。


高官によると、共和党の上院議員10人が同法案の共同提案者となっている。


ホワイトハウスは一部の民主党メンバ―と同法案を協議したが、民主党議員の賛同を得られるかどうかは不明という。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定