ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 医者が考えた、たった5秒のヨガポーズで、腰痛、不眠、スマホ首、現代社会の3大不調が改善!

医者が考えた、たった5秒のヨガポーズで、腰痛、不眠、スマホ首、現代社会の3大不調が改善!

20

2019年07月17日 11:11  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真写真

テレビで話題の「ひざ裏のばしポーズ」で、激務の新人医師や管理職も改善!

 働き方改革が叫ばれる昨今ですが、仕事量が変わらない中で効率を求められ、疲れがたまって、若くても不調に悩む方が多数います。

 研修が終わり新人医師として働き始めた、中村圭さん(27才)もそのひとり。日々緊張と激務が当たり前の世界、いつの間にか体が悲鳴をあげる寸前になっていたといいます。

 そんな職場の悩める人たちを救ったのが、医者が考えた「5秒ひざ裏のばしのヨガポーズ」。ヨガインストラクターの資格を持つ医師、川村明さんが考案しました。

 寝たきり寸前のおばあちゃんたちが復活したことで、テレビでも大きな話題になり、書籍・ムックはシリーズ累計60万部の大ヒットとなりましたが、実はこれは、お年寄りだけでなく、若者や働きざかりにも効く、万能ヨガポーズだったのです。



2週間で体が激変! おなかポッコリもねこ背も改善!

 20代のほとんどが当てはまるかもしれませんが、中村さんは、自らも認めるスマホ依存だそうで、そのせいか、ひどい肩こりがありました。

 研修医時代から、睡眠障害が始まり、寝付くまでに相当時間がかかっていました。

 また、子どものころから体が固かったので、こんな簡単な「5秒ひざ裏のばし」ポーズだけで、自分の体が柔らかくなり、体調がよくなるとは、最初は信じられなかったと言います。


BEFORE:カラダはやせているのにおなかがぽっこり。体幹の力が弱い証拠。立位体前屈はマイナス35センチ!

           


8週間後:ねこ背が改善。周囲にも「姿勢がよくなった」と言われた。床に手が届くようになった

>> 次のページに続く

「家に帰る→風呂に入る→ひざをのばす→そのまま眠る」をルーティンに

 川村医師からの指導は、「ひざ裏のばし4つの基本ポーズ」をやるだけ。体験初日の撮影では、体はスラリとやせているのに、なぜかおなかがポッコリ、O脚もひどかった中村さん。ねこ背も気になっていました。

 体の柔軟性を計測する立位体前屈では、なんと、固すぎて床から高さ35センチも離れている! 状態でした。それが2週間で激変。そして最終の8週目には、立位体前屈でとうとう指先が床につくようになりました。周囲からも「姿勢がよくなった」と大絶賛されたそうです。

医者が考えた「医者ヨガポーズ」をするだけで、体調が劇的改善!

「いつの間にか、おなかがひっこんでいました。たった4つの基本ポーズを、寝る前にやるだけ。体がどんどんやわらかくなるし、眠れるようになるし、すごいと思いました」
昼間に、忙しさでイライラするようなことも、なくなったそう。

「先日、外来での診察が休みなく続いたときに、「うわー、疲れた、もうダメかも」と思ったときに、ふと、そこにあったいすを使って「いすドン」をしてみたら、なんと5秒でラクになったのです」



続けた人だけ、仕事のパフォーマンスが劇的にあがる!


『不調をあきらめない!医者ヨガ ひざ裏のばしの奇跡』(川村明/主婦の友社)

『不調をあきらめない!医者ヨガ ひざ裏のばしの奇跡』(主婦の友社)の著者の川村明医師は、自らも、うつやアトピーを経験し、ヨガで治した経験を持っています。

「治療にもなる医者ヨガポーズでひざ裏をのばせば、体中に血がめぐり、呼吸がラクになり、頭がすっきり。気持ちがおだやかになり、そしていいアイディアも浮かびます。仕事も勉強も効率があがりますよ。ぜひお子さんや会社員の方々にも試してほしいですね」

 本書では、基本の医者ヨガポーズの紹介とともに、働きざかりの管理職のみなさんの不調改善事例のほか、多くのシニアが悩む、脊柱管狭窄症、股関節・ひざ・腰の痛み改善、脳梗塞後のリハビリ効果など、病気の改善事例も満載。仕事の第一線で戦う男女のみならず、ご両親や祖父母など家族のためにも役立つ1冊となっています。


動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • >> 次のページに続く  ← あのさぁmixiニュース……
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • これなら私にもできそうです。
    • イイネ!16
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(9件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定