ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > テレビの代わりにプロジェクターを導入!おしゃれな生活を叶えよう♡

テレビの代わりにプロジェクターを導入!おしゃれな生活を叶えよう♡

2

2019年07月17日 12:20  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl
■SNSで話題!テレビの代わりにもなるプロジェクターって?

【詳細】他の写真はこちら

メリット・デメリットをご紹介します。

・そもそもプロジェクターとはなにか?

出典:photoAC

プロジェクターといえばビジネスシーンをイメージする方もまだ多いのではないでしょうか。プロジェクターとは簡単にいうと、映像を壁やスクリーンに映し出す投影機のことです。近年では家庭用プロジェクターの商品も種類が豊富にあり、お部屋にプロジェクターを置いて映画などを楽しむ人々が増えてきています。




・プロジェクターを自宅で使用するメリット

出典:@ so_ra9さん

プロジェクターの代わりにテレビがなくなることで広々と部屋を使えます。テレビよりも迫力のある大画面で映像を楽しめ、テレビよりもプロジェクターの方が目疲れにくいと言われています。自宅で子どもがテレビを見るが近すぎて心配になったことはありませんか?プロジェクターで大画面である程度距離をとっても見やすいので、小さいお子様がいる親御さんにもおすすめです。




・プロジェクターを導入する際に知っておきたいデメリット

投影距離が長いモデルだと設置場所が難しく、邪魔になってしまう可能性があります。また、日中の明るい部屋だと見えづらいプロジェクターもあるのでルーメン(明るさを表す単位)が1000lm以上を選んだ方がよいでしょう。カーテンを閉めるなどして部屋を暗くできるのであれば問題はありません。

■初心者でもわかる!プロジェクターの接続に必要なものは?
プロジェクター生活を楽しむために知っておきたいことをご紹介。

・スピーカー内蔵のプロジェクター本体

出典:@ _maaaaayan さん

大前提としてまずはプロジェクター本体が必要です。家庭用プロジェクターにはほとんどの本体にスピーカーがついていますが、念のため確認して下さい。繋ぎ方は製品によるので説明書をしっかりチェックしましょう!




・DVDも楽しめるブルーレイレコーダー

出典:@ _maaaaayan さん

BS放送、CS放送、地上デジタル放送のチューナーがブルーレコーダーに内蔵されていて、プロジェクター本体と接続することでテレビの映像を見られます。




・接続するならHDMIケーブルとVGAケーブルどっち?

出典:photoAC

HDMIケーブルで接続しましょう。音声と映像を1本で両方とも伝送できる大変便利なケーブルです。PCやブルーレイレコーダーをプロジェクターに接続したいときに使います。VGAケーブルは映像のみしか流せないので要注意です。

■家庭用プロジェクターおすすめ4選
用途別におすすめのプロジェクターをピックアップしました。

・家族みんなで楽しめる!照明にもなるプロジェクター「popIn Aladdin(ポップインアラジン)」

出典:@ yu.rmさん

日常使いしやすい照明と一体化したユニークなプロジェクターです。また、ポップインアラジンには子どもから大人まで楽しめる特徴があります。おすすめは世界の絵本アプリ。世界中の人気絵本を読み聞かせでき、寝る時間が楽しみになりそうです。親にとっても寝かしつけが楽になるかも。もちろん、一人暮らしの方でも場所を取らないので導入しやすそうですね。コードレスでお部屋をすっきり見せてくれます。




・投影距離必要なしの単焦点プロジェクターSONY(ソニー)のLSPX-P1

出典:@ localite_ai さん

通常ならプロジェクターを使用するとき、プロジェクターとスクリーンの間を3Mから4M程離して設置する必要があります。こちらプロジェクターは、部屋が狭くても壁またはスクリーンの至近距離から投影できるので非常に便利です。




・明るい部屋でもきれいな映像でみたいなら「BenQ(ベンキュー)」TK800

家庭用のプロジェクターは部屋を暗くした状態で見るように設計されているものが多いですが、ベンキューなら3000ルーメン(明るさ)以上で映像がはっきり投影されるので明るいリビングルームにも最適です。さらに4KのUHD 830万画素でプロジェクターとは思えないような、よりテレビに近い鮮明な映像を楽しむことができます。100インチの大画面は圧巻です。




・コスパよし!天井にも投影可能!フルHD対応のDBPOWERミニプロジェクター

首が疲れにくい天井投影におすすめな設置場所は寝室です。ベッドで寝転びながらホームシアターという夢のような生活を手に入れることができますよ。販売価格も15000円程度とリーズナブル。ぜひあなたも至福の時間を手に入れて下さい。

■プロジェクターで憧れのお部屋を手に入れよう

出典:photoAC

設置には広さが必要だと思われがちなプロジェクターですが、実は省スペースで楽しめるものも多いんです。プロジェクターを選ぶときは、設置場所、投影サイズ、ルーメン(明るさ)の3つの条件を中心にライフスタイルにあわせたものをチョイスしていくとよさそうですね♡まるでテレビかのように快適に使えるホームプロジェクターで、おしゃれな生活を楽しんでください!

このニュースに関するつぶやき

  • × オサレな生活 → ○ 夏は死ぬほど暑い
    • イイネ!5
    • コメント 5件
  • × オサレな生活 → ○ 夏は死ぬほど暑い
    • イイネ!5
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定