ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 井上真央、“寅さん”の育ての母に 『少年寅次郎』10月スタート

井上真央、“寅さん”の育ての母に 『少年寅次郎』10月スタート

0

2019年07月17日 18:32  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真土曜ドラマ『少年寅次郎』主演の井上真央(C)NHK
土曜ドラマ『少年寅次郎』主演の井上真央(C)NHK
 女優の井上真央が主演を務めるドラマ『少年寅次郎』(NHK総合/毎週土曜21時)が10月よりスタートすることが発表された。 【写真】主演の「井上真央」フォトギャラリー  本作は、映画『男はつらいよ』の主人公・車寅次郎の少年時代を描いた山田洋次監督の小説『悪童(わるがき) 小説寅次郎の告白』のドラマ化。寅次郎の育ての母親役を井上が演じ、俳優の毎熊克哉、泉澤祐希、岸井ゆきの、石丸幹二らが脇を固める。脚本は、ドラマ『ひよっこ』などの岡田惠和。  昭和11年2月26日。車家にも226事件が勃発。雪のこの日、帝釈天の参道にある団子屋の軒下に置かれていた赤ん坊は、この家の子供になった。そして腹違いの妹さくらの誕生、小学校時代に始まった戦争と父の出征、初恋、その後の寅次郎につながる家出…。忘れたくない真っすぐな心と、少年の目を通してこの時代を正直に生きた大人たちの世界が描かれる。  原作者の山田は「シリーズ第50作となる新作映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』の封切りに先んじて、小説『悪童 寅次郎の告白』がテレビドラマとして制作されることを嬉しく思います」と喜びを明かし、「少年寅次郎が、皆さんおなじみのあの“寅さん”に成長する、あるいは成長しそうな姿がユーモアたっぷりに描かれています」とコメント。  脚本の岡田は「井上真央さんをはじめ素敵で最強な俳優さんたちが集まってくれました。笑って泣いて、心に残るドラマです。どうか楽しんでいただけたらと思います」と意気込みを語った。  土曜ドラマ『少年寅次郎』はNHK総合にて10月19日より毎週土曜21時放送。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定