ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 鈴木敏夫プロデューサーが明かす ジブリが短編を作る理由、宮崎駿の“神髄”

鈴木敏夫プロデューサーが明かす ジブリが短編を作る理由、宮崎駿の“神髄”

1

2019年07月17日 20:02  クランクイン!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真ハウス食品「おうちで食べよう。」シリーズ CM(C)2015 Studio Ghibli
ハウス食品「おうちで食べよう。」シリーズ CM(C)2015 Studio Ghibli
 数々の名作を世に送り出してきたスタジオジブリが、1992年に初めて手掛けた短編作品「そらいろのたね」から、2016年のハウス食品のCM「おうちで食べよう。」シリーズまで全32作品を収録した『ジブリがいっぱいSPECIAL ショートショート 1992‐2016』。本作のプロデューサーを務めた鈴木敏夫氏が作品に込めた思いや、製作秘話などを大いに語った。 【写真】ハウス食品CM「おうちで食べよう。」などジブリの短編作品たち 取材は鈴木敏夫プロデューサーのアトリエで行われた  「長篇ばかりがジブリじゃない」というキャッチフレーズがついた本作。確かに、スタジオジブリといえば“長篇アニメーション”という印象があるが、プロモーションフィルムやミュージック・クリップ、企業CM、Webアニメーションなどさまざまな短篇作品が本作には収録されている。  ある時期までスタジオジブリは、企業などからのCMの依頼はすべて断っていたというが、鈴木氏は「とは言え、映画などでお世話になっている会社から『作ってくれませんか』とお願いされると、なかなか断りきれないこともあったんです」と語る。さらに「腕があるけれど、仕事をしてくれないアニメーターに短篇、特にCMなどをやってもらえば、会社で雇っている理由にもなるし、企業CMは利益率も高いので一石二鳥」と短篇製作への利害関係が一致したという。  鈴木氏が「なかなか仕事をしてくれない」と独特の表現を用いて紹介された癖があるが腕は超一流のアニメーターたち。彼らにとって、長篇ではなかなか試すことができないような企画も、短篇ならば思い切りチャレンジできる。事実、本作に収録されている短篇は野心的な作風のものが多い。  「長篇ではお金もかかるし、公開規模から考えても、より多くの人に観てもらおうというものが企画として成立しがちですが、短篇ではとんがったものも作れるし、実験もできる。普段のジブリでは作れないものができるんです」。  しかし一方で、プロデューサーの立場からすると、長篇でも短篇でもキャラクターは作る必要があるし、音楽や声も入れる。15秒でも2時間でも、やることは変わらないので「あまり実入りのいい仕事ではないんですよね」と鈴木氏は苦笑いを浮かべる。  それでも、宮崎駿監督はもちろん、近藤喜文、百瀬義行、田辺修、大塚伸治ら錚々(そうそう)たるアニメーターたちが、こだわり抜いたショートフィルムを誕生させた。初期の頃は「新人研修に短篇はいいかも」と思っていたという鈴木氏だが、結果的には「後世に残すもの」という趣旨に変わるほど、そのクオリティーは高いものになった。  鈴木氏の話す“腕のいいアニメーター”とはどんな人なのだろうか――。「それは演技ができる人だよ」と明確な答えが返って来た。絵のうまさはもちろんだが、キャラクターを魅力的に動かせる人。そこには飽くなき人間観察が必要で、常に人の動きを見て、どうキャラクターを動かせば、感動を与えられるかを実践できる人だという。  その意味で、宮崎監督は圧倒的な取材力と観察力があったという。「宮さんが描く人や建物は、すべて自分が目で見たもの。自分のストックを使い切ったと思ったら、また取材に行くんです。でも決して写真には撮らない。自分の目で見たものと、映像や写真で見たものは絶対に違うんです。それが作品には出ていると思います」と宮崎監督作品の神髄に触れる。  「短篇を元に長篇を作ろうという意識はない」と語った鈴木氏。あくまで一つの作品として、クリエイターたちの細部にわたるこだわりが詰まっている作品群は、まさに「長篇ばかりがジブリじゃない」というキャッチフレーズにふさわしいと唸(うな)らされる。(取材・文・写真:磯部正和)

    あなたにおすすめ

    オススメゲーム

    ニュース設定