ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 人気ボカロP7名集結、次世代のアングラシーンを創出するCFを開始

人気ボカロP7名集結、次世代のアングラシーンを創出するCFを開始

0

2019年07月17日 21:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

カルトな人気を誇るボカロPが7人が集結し、伝説のクラブイベント「電ドラ!」を復活させるプロジェクトが国内最大のクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で開始された。

サウンドクリエイター兼、ボカロPである「ATOLS」が主催し、2016年に盛況のまま一旦幕を下ろした伝説のカオスパーティー「電ドラ!」の再起動を求め、ATOLSの支援組織「ATOLSmacaronSTUDIO」の主導の元、今年2月に再生プロジェクトが立ち上がった。


その間、このプロジェクトに対して多くの賛同者が集まり、このイベントに対する参加表明クリエイター20数名が名乗りをあげ、イベント復活に向けて7月12日(金)17:00よりクラウドファンディングを開始した。

「ニコニコ超会議2019」の超ボカニコ2019で好評のライブを披露したばかりの、ATOLS、きくお、Misumiの3人に加え、一部熱狂的なファンをもち、独自の世界観を披露する、ばぶちゃん、廻転楕円体、SOOOO、ムシぴなど個性溢れる7名のボカロPが集結、ボカロ界隈に「電ドラ!(電子ドラッグの略)」という新たなジャンルを立ち上げるべく参加を表明。

その他出演者に、バーチャルYouTuberとして人気のミソシタや、ポケモン主題歌(たなかひろかず名義)やファミコン黎明期の音楽を作り上げたチップチューン界のパイオニアChip Tanaka、その他、DJ TECNORCH、DJ WILD PARTY、Numb'n'dub 、Laxenanchaosなどジャンルを超えて集まった個性豊かなDJ陣、パフォーマンス部門からはGrand Beatbox Battleの世界大会で活躍するSHOW-GO、アートバトル「LIMITS」世界大会常連の竹谷嘉人、アニソンダンサー全国大会アキバ×ストリート優勝者のネスなど、各界から魅力溢れるなメンツがこぞって参加を表明。

クラウドファンディング達成時の開催予定地は、渋谷SOUND MUSEUM VISION。

キャパ800を超える巨大スペースでの開催が決定されれば、超ボカニコに匹敵するボカロ関連のビックイベントとして期待が持たれている。クラウドファンディングの終了期間は7月30日まで。



    あなたにおすすめ

    ニュース設定